본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

少女時代ユリ、初の時代劇演技が好評…「役になりきるために24時間韓服生活」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

ドラマ『ポッサム-運命を変える』のヒロイン、スギョン役を演じた少女時代出身のクォン・ユリ。[写真SMエンターテインメント]

今年5月、MBN(毎日放送)の週末時代劇『ポッサム-運命を盗む』がスタートしたばかりのときは懸念だらけだった。ガールズグループ「少女時代」出身のクォン・ユリは、ドラマに数回出演したことはあるが、経験が一度もない時代劇で、しかも主人公を演じるということが不安要素に挙げられた。だが、2カ月が過ぎた4日、『ポッサム』は最終視聴率9.8%でMBN創社以来、最高の「成績表」で幕を下ろした。ファイン翁主スギョン役を演じたクォン・ユリの演技力も合格点を受けた。6日、ドラマの放映が終了したクォン・ユリにインタビューをした。次は一問一答。

--時代劇は初めての挑戦だったがどうだったか。

「難しい点が多かった。真っ直ぐの姿勢、話し方、視線の処理など、翁主として威厳ある姿が自然に見えるようにすることに慣れていないので難しかった。それで少しでも早く適応しようと休み時間も韓服を脱がずにヘアも役柄のままにして生活することにした。韓服を着てトイレに行くことが難しいことはあったが、それでもかつらをして時代劇の道具を手に取ると、スギョンという人物に入っていくのに役立った」

--演技力が好評だったが、序盤にはアイドルというレッテルのために懸念もあった。

「点をつなげると線になるように、ステージ上での経験が演劇でも大いに役立った。演劇は観客と向き合う公演なので、ライブステージと似たような性格があった。例えば私がセリフを忘れて動線でミスをしたことがあったが、少女時代のコンサートでの経験が多かったので、そのようなミスに慌てないでアドリブで自然にその場を乗り切ることができた」

--少女時代としての活動も再開する計画はあるか。

「少女時代はいつでも故郷のようなところだ。今、メンバーが各自の場所で本当に一生懸命に活動している。良い時期に良い曲で再びお目にかかれるように常に可能性を残しておいている。メンバーといろいろ話してあれこれ考えている」

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기