본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「女優スキャンダル」釈明要求に…韓国大統領候補「ズボンを一度下ろしますか」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

与党・共に民主党の大統領候補、李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事が5日午後、ソウル麻浦区上岩洞のJTBCのスタジオで、JTBC・MBN共同主催の予備選挙第2回合同テレビ討論会を控えて笑顔を見せている。 イム・ヒョンドン記者

李在明(イ・ジェミョン)京畿道(キョンギド)知事が5日、与党・共に民主党の大統領選予備選挙第2回テレビ討論会で、「女優スキャンダル」に関する釈明要求に対し、「ズボンを一度下ろしましょうか」と突発発言をした。

丁世均(チョン・セギュン)前首相はこの日午後、JTBC・MBN共同主管で行われた民主党大統領選挙予備候補討論会で、李知事に対し「大統領の徳性のうち道徳性は非常に重要だ。尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検察総長(野党の大統領候補)も親戚の不正で道徳性を喪失したと考える。尹前総長に対する道徳性の検証を徹底すべきなら、李候補に対する検証も徹底しなければいけない」とし「いわゆる『スキャンダル』釈明要求を避けたり拒否したりするのは大統領選候補として不適切だ」と指摘した。

これに対し李知事は「家族間の葛藤が録音され、物議をかもしている」として親戚への暴言について釈明すると、丁前首相は「別の件のことだ。いわゆるスキャンダルについて『もうやめましょう』と言った」と話した。

李知事は丁前首相の相次ぐ攻勢に対し、「私がズボン一度下ろしましょうか。どうしろというのか」と問い返した。丁前首相も李知事の返答に当惑する表情を隠せなかった。丁前首相はしばらく話す言葉を失ったかのように笑った後、「国民が納得できるよう話してほしいということだ」と伝えると、すぐに両候補の発言時間が終了した。李知事は笑いながら「どうすればよいのか。これ以上申し上げる言葉はない」とし、具体的な言及を控えた。

これは2008年にある女優とのスキャンダルに苦しんでいた歌手ナ・フナ氏が記者会見でテーブルに上がり「私が直接見せなければいけないのか」と言いながらズボンを半分ほど下げた場面を連想させる発言だ。

これに先立ち女優キム・ブソン氏は2018年、李知事の身体の特定部位にあるほくろを実際に見たと主張したが、これに対し李知事は亜洲大病院で身体検証を受けた後、医療スタッフから「言及された部位にほくろの跡はない」という判定を受けていた。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기