본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国の20代男性、42%がセックスレス、60代より多い理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

20年前に比べてセックスレスが3倍に増えたという研究結果が出ている。 イラスト=チェ・ジョンユン

韓国国内の成人3人のうち1人は過去1年間に性関係を持っていないという調査の結果が出てきた。この比率は20年前の調査と比べて3倍以上も多い。延世大社会学科のオム・ユシク教授と延世大医大内科学校室のチェ・ジュンヨン教授が実施した2021年ソウル居住者の性生活研究の結果だ。

過去1年間に性関係を「持った」という回答は64%、「持っていない」は36%だった。男女を区分すると女性の43%、男性の29%がセックスレスと答え、女性が男性より多かった。

5人に1人は、性関係を持つことを望んでいるが、経済・時間・健康上の理由や相手がいないなどの理由で持っていない「非自発的禁欲」であることが分かった。性関係を持っていない最も大きい理由は、女性は「興味がない」(24%)、男性は「関心はあるがパートナーがいない」(15%)だった。

特に19-29歳の若い男性の42%が過去1年間に性関係を持っていない点が目を引く。セックスレスの比率が39%の60代男性より多かった。19-29歳の女性もセックスレスの比率が43%にのぼった。一部では、ジェンダー間の葛藤がセックスレス増加と結婚・出産減少の原因という見方も出ている。

ヨム教授は「韓国社会でセックスレス傾向が表れている」とし「特に若い世代で増えているが、女性の社会進出などが影響を及ぼしたはず」と述べた。

今回の調査は1-5月にソウル市に居住する満19歳以上の男女2182人を対象に実施された。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기