본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国、黒海連合訓練に韓国招請…韓国軍「不参加」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

米海軍第6艦隊司令部の多国籍連合海上訓練「シー・ブリーズ」資料に韓国が参加国として表記されている。 [米海軍第6艦隊司令部ホームページ キャプチャー]

米国とウクライナの海軍が黒海で実施する多国籍訓練に韓国を招請し、資料に韓国を参加国として表記したが、韓国海軍は参加計画はないと明らかにした。

軍当局によると、米国は最近、ウクライナを通じて韓国に多国籍連合海上訓練「シーブリーズ(Sea Breeze 21)」への参加を要請した。また、米海軍第6艦隊司令部が21日(現地時間)に発表した公式報道資料でも韓国が参加国に含まれている。この訓練は28日から来月10日まで黒海で実施される。

第6艦隊司令部はホームページで「今年は兵力5000人、艦艇32隻、航空機40機、特殊作戦およびダイビングチームが参加する予定で、同訓練史上最多の6大陸・32カ国が参加する」と明らかにした。

韓国の国防部と海軍は訓練招請を受けたことを認めたうえで「該当連合訓練に参加および参観する計画はない」と明らかにした。韓国はその間、同訓練に参観資格でも参加したことがないという。

韓国の訓練不参加決定の背景には、地政学的なロシアとの関係だけでなく、黒海にまで艦艇を送る条件も考慮されたと分析される。

この訓練はロシアを牽制するものだと軍事専門家らは口をそろえる。ロシアはウクライナに属するクリミア半島を併合した後、ウクライナと深刻な葛藤関係にある。このため黒海など自国の国境近隣で実施される米国と北大西洋条約機構(NATO)軍の連合訓練に敏感な反応を見せている。

この訓練は米海軍第6艦隊司令部が主導し、1997年から実施されてきた。訓練期間は上陸作戦をはじめ、陸上機動戦、水中浸透、対潜水艦戦、捜索・救助作戦などが進行される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기