본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

アジアの麺料理ランキングトップ10中4つが韓国料理…日経選定

ⓒ 中央日報日本語版

コングクス

韓国料理4種類が「アジア10大麺料理」に選定された。

日本経済新聞は13日週末版に村上祥子氏(福岡女子大学客員教授)、中川恵子氏(フードスタイリスト)、武蔵裕子氏(料理研究家)ら料理専門家12人が選んだアジアの麺料理ランキングを紹介した。専門家が推薦したアジア地域の麺料理22種類のうち、「味」「手軽さ」「自宅で作れる意外さ」などを総合して1~10位まで順位をつけた。ただ、そばやうどんなど日本の麺料理は評価対象に含めなかった。

韓国料理はアジア地域の国の中で最も多い4種類が10位内にランクインした。410点を受けたコングクスが5位に入り、韓国料理のうち最もランキングが高かった。るるぶ情報版編集長の福本由美香氏は「近所のスーパーでそろう材料で簡単にできる優良メニュー」と評価した。ビビン冷麺は400点で6位にランクインした。

ラッポッキは350点で9位に入ったのも異色だった。「ラーメンと韓国の餅の一種、トッポギが一緒になった屋台グルメ」と紹介された。チャプチェはラッポッキと並んで9位に入った。ABCクッキングスタジオの畑田祐子氏は「甘めの味付けは日本人になじみ深く、子供にも好まれる」とし「肉や野菜たっぷりで栄養もありそうと説明した。

一方、タイのパッタイ(690点)が日本料理専門家が選ぶアジア最高の麺料理に選ばれた。「甘み・酸味・辛みと、南国タイ特有の三位一体の味が楽しめる」との絶賛を受けた。シンガポールのラクサ(660点)とタイのカオソーイ(550点)が2位と3位に続いた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기