본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

未来統合党議員「北の料理長まで文大統領を嘲弄…抗議ひとつできないのがろうそく精神か」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

未来統合党の河泰慶議員。イム・ヒョンドン記者

未来統合党の河泰慶(ハ・テギョン)議員が対南非難レベルを高める北朝鮮に対する無対応を批判した。特に13日午前に北朝鮮が冷めん専門店「玉流館」の料理長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領を猛非難した事実を伝えたニュースを共有しながら「北朝鮮の料理長まで文大統領を嘲弄するのに抗議ひとつできないのが親文派のろうそく精神なのか。竹槍を持って戦おうというチョ・グク部隊は何をしているのか」と問いただした。

河議員はこの日自身のフェイスブックを通じ、「北朝鮮の大統領冒涜は度を超えた。ビラは言い訳にすぎず、目的は文在寅大統領と韓国を踏み潰すこと」と主張した。「北朝鮮がいくら冒涜し踏みにじっても順応する奴隷国として生きてほしいということ」ともした。

その上で「もし日本で文大統領をこのように冒涜したら親文派が静かにしていただろうか。竹槍でなく戦争をしようといっただろう」と付け加えた。彼は「北朝鮮の脅迫には屈服し続ける姿を見せるのであのように粗暴に振る舞う」と診断した。

河議員は「レッドラインをすでに越えた北朝鮮の脅迫と言葉の爆弾に対し厳重に警告しなければならない。北朝鮮に堂々とした姿を見せれば野党も文大統領に力を貸す」と明らかにした。

一方、北朝鮮はこの日、北朝鮮へのビラ散布を韓米合同軍事演習よりも重大な危険と規定し韓国側を繰り返し非難した。労働党機関紙労働新聞は「挑発者を懲罰する無慈悲な報復の鉄槌」と題する解説で「大規模合同軍事演習も重大な威嚇だったが、それよりさらに危険なのは最高尊厳に対する中傷謀害行為」と主張した。続けて「われわれに対する最も悪辣な挑戦、宣戦布告として絶対に許せない」と警告した。

対外宣伝メディア「朝鮮の今日」は玉流館のオ・スボン料理長が文大統領を非難する発言を掲載した。料理長は「平壌(ピョンヤン)に来て有名な玉流館のめん料理を食らった時は何か大きなことでもやるかのようにあやしくふるまい、帰ってからもこれまでまったくなにもやっていない」と話した。

文大統領は2018年9月19日に平壌を訪問した際に玉流館で金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長夫妻と昼食をともにした。玉流館の冷めんは2018年4月27日に開かれた板門店(パンムンジョム)での南北首脳会談の夕食会にも出ている。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기