본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国メディア「文在寅、合理的で冷静…反中戦線には合流しないだろう」

ⓒ 中央日報日本語版
英国で開かれる主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)を控え、中国官営メディアが韓国は米国主導の反中電線には合流しないだろうという展望を出した。

官営Global Times(グローバルタイムズ)は11日、韓国がオーストラリア、インド、南アフリカ共和国などと共にゲスト国としてG7サミットに出席するものの、共同声明にはG7国家だけが参加するという青瓦台の発表を紹介してこのように報道した。

中国遼寧省社会科学院の呂超研究員はインタビューで「韓国は中米競争に介入することを好まない」とし「韓国は中国との経済・貿易機会を大切に考えているため、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は米国の利益を充足する危険に対して合理的かつ冷静に判断するだろう」と主張した。

これに先立ち、中国外交担当国務委員である王毅外交部長は9日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)外交部長官との韓中外相電話会談で、米国主導の対中圧迫であるインド太平洋戦略を非難しながら韓国に「誤ったほうについて行くな」と述べたことがある。

中国外交部の汪文斌報道官も10日の定例会見で鄭長官と王部長の電話会談について「両国長官は中韓関係と共通関心事に重要な意見一致を多く成し遂げた」とし「中国は韓国と達成した共同認識をしっかりと実践して、中韓関係をより一層進展させることを願っている」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기