본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:韓国政府、韓国型GPS構築へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
科学技術情報通信部が自動運転車、フライングカー(都心航空モビリティー)など運行に必要な通信インフラである韓国型衛星航法システム(KPS)の構築に出る。このため、2035年までにKPS用衛星8機を新たに作って打ち上げる。

科学技術情報通信部は9日、第19回国家宇宙委員会を開いてこのような内容を盛り込んだ「第3次宇宙開発振興基本計画修正案」を審議確定した。

2024年までに固体燃料基盤の小型発射体を製作して打ち上げる。ハンファなど民間企業に開発の主導権を与えることにした。このため、全南高興(チョンナム・コフン)の羅老(ナロ)宇宙センターに企業らが使用できる多様な打ち上げ場を今年から2030年までに設置する。

今月中にKPS事業の予備妥当性調査を終え、来年には本事業に着手することにした。4兆ウォン(約3931億円)規模で科学技術分野の単一事業では最大だ。メートル級を越えてセンチ級の正確度を持つナビゲーションシステムを開発するのが事業の核心だ。2027年初めての打ち上げを皮切りに、2035年までに計8機の衛星を打ち上げる。

KPSは、全球測位衛星システム(GNSS)を補完する役割も果たす。GNSSを運営する国は、米国(GPS)、ロシア(グロナス)、中国(北斗)3カ3年構築を控えている。

このほか、2031年までに超小型衛星約100機を打ち上げる。6世代(6G)移動通信用低軌道通信衛星を2031年までに14機打ち上げる。観測・偵察用超小型衛星50機余りとともに宇宙環境観測用超小型衛星22機、宇宙技術検証用超小型衛星13機も打ち上げることにした。

10月初めに打ち上げられる「ヌリ」(韓国型発射体)の3段の上にのせられる4段固体型のキックモーターも新たに開発する。月探査をはじめ、今後深宇宙探査に使われる発射体の推進力を得るためだ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기