본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

IOC、北朝鮮の東京五輪不参加を公式化…水泡に帰した「第2の平昌プロジェクト」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

国際オリンピック委員会

国際オリンピック委員会(IOC)が北朝鮮の東京オリンピック(五輪)不参加を公式化した。

ロイター通信や共同通信などは9日、IOCは北朝鮮の不参加により北朝鮮に割り当てられた五輪出場権を再配分する計画だと報じた。北朝鮮は4月6日、新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)を理由に掲げて五輪には参加しないと、体育省が運営する「朝鮮体育」ホームページを通じて公式発表した。

IOCは公式チャネルを通じて北朝鮮の不参加意志を受け取っていないとし、最後まで参加を説得すると明らかにしたが、9日に閉幕したIOC執行委員会で、北朝鮮の不参加を公式化して出場権の再分配を決めた。

北朝鮮が夏季五輪に参加しないのは1988年ソウル五輪をボイコットして以来33年ぶりだ。

北朝鮮の五輪参加を過去の平昌(ピョンチャン)五輪の時のように南北関係改善の契機にしようと考えていた韓国政府の構想も水泡に帰した。

東京五輪は韓国・日本・米国・北朝鮮が参加すれば、北核交渉の出口を開くことができる機会として注目されていた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기