본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「安倍謝罪像」で再点火…韓日を冷え込ませた9つの場面(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

李明博元大統領が2012年8月10日、電撃的に独島を訪問した。独島を訪問した李大統領は駐留警備隊員を激励して周辺を視察した。[写真 共同取材団]

韓国江原道平昌(カンウォンド・ピョンチャン)に位置する私立植物園に設置された『永遠の贖罪』という造形物をめぐり、韓日間の葛藤に再び火がついた。日本側はひざまずいた男性が安倍晋三首相なのではないかとして怒りをあらわにしている。だが、植物園側は「造形物を撤去するつもりはない」と言って退く気配はない。日本は引き続き外交問題化するという立場だ。2012年の李明博(イ・ミョンバク)元大統領の独島(トクド、日本名・竹島)訪問から、昨年始まった日本製品不買運動まで、最近10年間の韓日葛藤事件を整理してみた。

(1)2012年8月 李明博元大統領の独島訪問

李明博元大統領が2012年8月10日、歴代大統領として初めて独島を訪問した。国内では落ちた支持率を取り戻すためのものだという分析が出され、日本は激しく抗議しながら駐韓日本大使を12日間帰国させるなど、韓日関係が急速に冷え込んだ。

(2)2013年7月 米国に初めて「平和の少女像」建設

2013年7月、米国カリフォルニア州ロサンゼルス北東側の小都市グレンデールに米国最初の「平和の少女像」が設置された。日本極右団体は少女像の設置を阻止しようと米国裁判所に訴訟まで出したが、大法院で最終的に敗訴した。

(3)2013年12月 安倍首相が靖国神社参拝

2013年12月、安倍晋三首相が第2次世界大戦A級戦犯が合祀されている靖国神社を直接訪れて参拝すると、韓日関係が再び冷え込んだ。朴槿恵(パク・クネ)政府は「時代錯誤的行為に慨嘆と怒りを禁じ得ない」という公式立場を出し、米国国務省も「失望した」と批判声明を発表した。周辺国の激しい抗議が続いたため、安倍氏はその後、直接参拝ではなく供物だけ奉納している。

(4)2015年5月 福島水産物輸入禁止措置WTO提訴

韓国は2011年3月11日に福島原発事故が発生すると同年福島近隣の農水産物の輸入を禁止した。2013年には福島近隣8県の水産物輸入禁止特別措置を発表したが、日本は自国の水産物を差別する行為で韓国の核種検査の追加要求は不当だとしながら、2015年5月韓国を世界貿易機関(WTO)に提訴した。韓国は2019年4月、2審で最終勝訴した。
「安倍謝罪像」で再点火…韓日を冷え込ませた9つの場面(2)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기