본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「新型コロナ、実験室で作られたもの」英国とノルウェーの学者が論文

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

新型コロナウイルス

英国とノルウェーの科学者2人が新型コロナウイルスの「実験室製造説」を主張する論文を近く国際学術誌に発表する。バイデン米大統領が情報当局に新型コロナウイルス起源の再調査を指示し関連論争が新たな局面を迎えた状況で出される論文だけに大きな波紋が予想される。

英日刊紙デイリー・メールは29日、英ロンドン大学セントジョージ医科大学のアンガス・ダルグリッシュ教授とノルウェーのウイルス学者ビルガー・ソレンセン博士が作成した22ページの論文を入手し報道した。ダルグリッシュ教授はがん治療とヒト免疫不全ウイルス(HIV)ワクチン分野で指折りの権威だ。ソレンセン博士はノルウェーバイオ産業協会会長を務めたワクチンメーカーの最高経営責任者(CEO)でもある。2人の科学者は論文で、新型コロナウイルスが人為的に作られたとし3つの根拠を挙げた。

最初に、新型コロナウイルスから6つの「固有指紋」(操作の痕跡)が見つかり、これは実験室で人為的に手を加えた場合にだけ現れるというのが彼らの指摘だ。2番目に、ウイルスのスパイクから1列につながった4個のアミノ酸がすべて陽電荷を帯びた部分が見つかった。著者は陽電荷のアミノ酸は互いに押し出すためこうした構成は非常に珍しいと指摘した。並んだ4個のアミノ酸がすべて陽電荷を帯びる場合、陰電荷を帯びるヒト細胞部分に磁石のようにくっついて感染力を強化すると指摘される。著者はこれを「ウイルスを操作した証拠」と主張した。

3番目、著者は新型コロナウイルスには信頼に値する「自然的先祖」がないと指摘した。ウイルスが動物からヒトに伝染したとすれば当然存在すべき中間宿主など自然のつながりを見つけられないということだ。これを基に新型コロナウイルスは中国の科学者が洞窟のコウモリから見つけた自然ウイルスに新たにスパイクなどを付けて致命的で伝染性が強くなるよう操作したもので、武漢研究所から流出したとみられると付け加えた。自然産に見えるよう操作の痕跡を人為的に隠そうと試みたとも指摘した。著者は「新型コロナウイルスが実験室で作られたということは合理的疑いを超える」と結論を出した。論文は近く生物分野の国際学術誌「QRBディスカバリー」に掲載される予定だ。

ダルグリッシュ教授はサンデー・タイムズとのインタビューで、「昨年新型コロナウイルスが人為的に作られたものという研究結果を出すと科学界から途轍もない攻撃を受けた」と明らかにした。彼は「当時論文を載せる所を探すのも大変だったが、おそらく科学機関が中国を怒らせたくなかったようだ」と話した。

サンデー・タイムズは30日、英情報機関も新型コロナウイルスの武漢起源説を調査中だと報道した。この日米ABCニュースは、昨年ハーバード大学の研究陣が衛星写真を根拠に新型コロナウイルス発生が公式報告される前の2019年晩夏~初秋頃から武漢の病院周辺で交通量が急増したことを指摘した事実を新たに伝えた。

◇ベトナムで新たな変異株発見=ベトナムでは新型コロナウイルスの英国・インド変異株が混ざり合った形態の新たな変異株が発見されたとAP通信やロイター通信などが29日に報道した。

ベトナムは昨年積極的な対応により防疫模範国に挙げられ、今月初めまでの累積感染者は3100人水準で死亡者は35人だった。だが最近数週間で3500人以上の新たな感染者が見つかり、12人が追加死亡した。特にサムスン電子、キヤノン、アップルの組み立てパートナーであるラックスシェアなど主要企業が集まったハノイ北部のバクザン、バクニン地域で感染事例が急増している。バクザン省のある企業では従業員4800人のうち5分の1が感染した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기