본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

フェイスブック、今後「新型コロナ武漢実験室起源説」削除しない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

フェイスブック

世界最大のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)企業のフェイスブックが26日(現地時間)、新型コロナウイルスが人為的に作られたものだと主張する記事を今後削除しないと発表した。数カ月間実施してきた関連記事の禁止方針を電撃撤回したもの。

フェイスブックはこの日、ホームページで公開した声明で、「当社はこれ以上新型コロナウイルスが人為的に作られたという主張を、当社のプラットフォームから削除しない」と発表した。今後、関連情報が拡散するのを妨げないということだ。フェイスブックは、このような方針の変更が、新型コロナの起源の持続的な調査と専門家との協議内容を考慮したと付け加えた。

米国の政治専門メディア「ポリティコ」はこの日、フェイスブックの削除方針撤回は新型コロナウイルス起源についての議論を認めるもので、SNS企業が既存の方針を見直していることを示す最初の重要なサインと分析した。

フェイスブックの今回の発表は、新型コロナ起源論争が新たな局面を迎えた中で出された。バイデン米大統領はこの日、情報当局に新型コロナ起源を追加調査し、90日以内に戻って報告するよう指示した。その際、「新型コロナウイルスが感染した動物と人間との接触から出たのか、実験室の事故により出たのか明確でない」と述べた。

23日、ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は米情報当局の極秘報告書を引用し、新型コロナ武漢研究所流出疑惑を提起した。WSJは、中国で新型コロナが拡散する前の2019年11月に武漢ウイルス研究所の研究員3人が新型コロナと同様の症状により、病院で治療を受けたと報じた。

これをきっかけに、米国政界と学界で起源再調査を求める声が高まった。ポリティコは、再調査が民主党と共和党の両党から超党的支持を得ていると伝えた。

これまでフェイスブックやツイッターなどのSNSには、新型コロナに関して虚偽の情報と判断される投稿を制限してきた。これには、新型コロナウイルスの武漢研究所流出説など、人為的に作られたという主張も含まれていた。

フェイスブックは昨年9月、米フォックスニュースの看板時事番組『タッカー・カールソン・トゥナイト』の公式アカウントで公開された閻麗夢博士のインタビュー映像に「虚偽の情報」の警告表示をしている。当時、中国出身のウイルス学者の閻博士は新型コロナウイルスが武漢実験室で作られたと主張し、関連論文を発表して波紋を呼んだ。

フェイスブックの措置について、当時『タッカー・カールソン・トゥナイト』側は「検閲」と反発し、同番組の司会者、タッカー・カールソン氏は生放送のニュースで閻博士の論文を「虚偽」と予断したフェイスブックの対応を批判した。

その後もフェイスブックはさらに強硬な方針を打ち出し、「新型コロナウイルス人工製造説」の関連記事を削除している。ツイッターは閻博士のアカウントを停止する措置まで取り、論議が巻き起こった。

しかし、新型コロナウイルスが武漢研究所から流出したという疑惑が絶えず提起され、再調査の要求が高まったことから、フェイスブックは方針を電撃修正した。

ポリティコは、フェイスブックの広報担当者が今回の発表について、「当社は、新たな事実と傾向の登場によって変化する新型コロナパンデミックの本質に歩調を合わせ、定期的にポリシーを更新するために医療専門家と協力している」と述べたと伝えた。

フェイスブックの今回の決定は、他のSNS企業にも影響を与えるものとみられる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기