본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>韓日投打対決…梁ヒョン種-大谷は「1四球1三振」

ⓒ 中央日報日本語版
メジャーリーグで韓日の投打対決があった。

梁ヒョン種(ヤン・ヒョンジョン、33、テキサス・レンジャーズ)が2度目の対戦となった大谷翔平(27、LAエンゼルス)に1四球を与え、1三振を奪った。

梁ヒョン種は26日(日本時間)、米カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで行われたLAエンゼルス戦に先発登板した。梁ヒョン種は先月27日、エンゼルスとのメジャーデビュー戦で大谷に奇襲バントを許し、メジャーでの初被安打として記録された。

関心を集めた大谷と再対決で梁ヒョン種は四球と三振を1つずつマークした。2番・指名打者で先発出場した大谷は1回、ストレートの四球で出塁した。3回の2度目の対決では大谷を三振に仕留めた。1ボール2ストライクから低く落ちるスライダーで大谷の空振りを誘った。

しかし梁ヒョン種は4回に崩れた。相次ぐ安打と暴投で5失点した梁ヒョン種は降板した。その後、大谷は4回二死一、三塁の場面で、ブレット・デゲウスから今季15号となる3点本塁打を放った。このため梁ヒョン種の自責点は7点となった。

結局、梁ヒョン種はこの日、3イニング1/3を投げ、5被安打3四球(2奪三振)の7失点だった。今季の防御率(ERA)は3.38から5.47になった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기