본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<大リーグ>折れた1本の刀…大谷、投手復帰戦で0イニング5失点

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2年ぶりの投手復帰戦は最悪の結果で終わった。大谷翔平(26、LAエンゼルス)がアウトカウントを1つも取れずにマウンドを降りた。

大谷は27日(日本時間)、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に先発登板したが、アウトカウントを取れずに交代した。大谷は2004年のライアン・ボーグルソン以来16年ぶりに、アウトカウントを一つも取れずに3安打3四球を許した投手となった。

大谷は1回表、先頭打者のマーカス・セミエンにセンター前ヒットを許した。ラモン・ロリアーノ、マット・チャップマンに連続で四球を与えた大谷は、マット・オルソンにも四球を許して押し出しで1点を失った。その後、マーク・カナに2点適時打を浴びた大谷はロビー・グロスマンにも安打を打たれた。0-4。結局、大谷はマット・アンドリースと交代した。アンドリースが走者1人の得点を許し、大谷の記録は0イニング3被安打3四球5失点となった。

大谷は2018年のメジャーリーグ進出後、「二刀流」で話題になった。しかしシーズン終盤にひじの手術を受け、昨年は指名打者で打撃に専念した。けがから回復し、今年からまた投手としてマウンドに立った。しかしこの日、最高球速が94.7マイル(152.4キロ)にとどまり、制球も乱れて最悪のピッチングとなった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기