본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

2050年には1657兆ウォン市場になる水素経済、韓国の競争力は「1強4弱」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
184景5000兆トン。地球に存在する炭素量だ。国際共同研究機関「深部炭素観測(Deep Carbon Observatory)」によると、地殻の上に存在する炭素量は43兆5000トン。地球全体の炭素の0.0023%にすぎない。この中でも人類が使っている炭素は極めて一部だ。だが、地球温暖化の主犯に挙げられる炭素の排出を減らさなければならないという声はますます高まっている。

炭素を代替できるエネルギーとして急浮上したのは水素。水素はエネルギーキャリアと呼ばれる。余裕エネルギーを水素に変えて保存することができる。必要な場合、熱と電気に再び変えることができる。国際エネルギー機関(IEA)が2050年最も有望な新再生エネルギーとして水素を挙げた理由だ。市場は急成長を遂げているところだ。日経BPクリーンテック研究所は、2050年世界水素インフラ市場が1657兆ウォン規模に達すると予想している。水素経済を構築するための各国の競争も激しい。欧州連合(EU)は2030年までに1400億ユーロ(約19兆円)規模に水素経済を発展させるという計画だ。

中央日報は韓国水素および新エネルギー学会とともに国内水素産業の競争力を調べた。水素産業の5つの核心分野である生産、保存・輸送、充電、モビリティー(移動手段)、燃料電池別に学会が推薦した専門家が強み・弱み・機会・脅威のSWOT要因を分析した。専門家は韓国が生産と保存・輸送、充電インフラ、燃料電池などで脆弱だという結論を下した。反面、モビリティー分野は相当な競争力を確保していると評価した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기