본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

英国王室をまたも狙ったハリー王子「トゥルーマン・ショーと動物園をあわせたような生活」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

英国の国旗

英国のハリー王子(37)が13日、王室生活について「トゥルーマン・ショーと動物園をあわせたようなものだった」と評した。

ガーディアンなど英国言論によると、ハリー王子はこの日、米国ポッドキャスト「アームチェア・エキスパート」に出演して過去の王室生活をこのように振り返った。

ハリー王子は王室ついては「代を継承する苦痛や苦しみが多かった」としながら「私はその循環を断ち切りたかった」と王室から独立した背景を説明した。

特に母親であるダイアナ皇太子妃が受けたことを見ながら自分が「公務」を望んでいないことを20代になって気づいたという。

ダイアナ妃は1996年に離婚して王室と葛藤を深め、翌年交通事故で亡くなった。パパラッチの追跡を避けようとしていたことが事故につながった。ハリー王子はこの時13歳だった。

ハリー王子は「私はカーテンの後ろを目撃し、ビジネスモデルがどのように回っていくのかを見た」としながら「私はその一部になりたくない。それはトゥルーマン・ショーや動物園にの中にいることを合わせたようなもの」と極端な拒否感を表示した。

トゥルーマン・ショーは俳優ジム・キャリーが主役を演じた1998年の映画だ。出生、進学、結婚など人生の重要な瞬間がそのままテレビで生中継されていること知らないまま生きていた男性が真実に気づき、撮影現場を脱出するという内容だ。

マスメディアが発達し、英国王室の生活は放送やタブロイド新聞を通じて大衆に伝わる。

ハリー王子はエリザベス2世女王の孫であり、チャールズ皇太子の次男だ。ハリウッド女優のメーガン・マークルさんと結婚して以降、王室との不和説が流れる中、昨年1月に独立を宣言して米国に定着した。

ハリー王子はこの日の放送で、自身が治療を受け始めたとも打ち明けた。

ハリー王子は妻メーガン妃に言及して「彼女は、私が傷ついていて統制外のことで私が激憤することを教えてくれた」と話した。治療のおかげで現実を直視することになり、自分の特別な地位を他人を助けるのに使う必要があるということに気づいたと付け加えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기