본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

14階の建物に続きミサイルランチャー爆破…イスラエル、露骨に威力誇示

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

イスラエル軍が破壊したハマスが使っているガザ地区の14階建物

パレスチナ武装団体ハマスと武力衝突しているイスラエル軍(IDF)が防御力と戦闘力を誇示している。公式ソーシャルメディア(SNS)にほぼリアルタイムに関連映像を投稿しながらだ。

13日、イスラエル軍は「テロリストがガザ地区でイスラエルの民間人に向かってロケットを発射する直前、われわれ航空機が彼らのロケットランチャー2台を破壊し、彼らの軌道を遮断した」とし映像を公開した。54秒の白黒映像では狙いを定めた目標物が爆破されて残骸が四方に散らばり炎に包まれる様子が収められている。

また、自国のミサイル防衛システム「アイアンドーム(Iron Dome)」がイスラエル南部上空でロケットを迎撃する新しい映像も掲載した。40秒映像で、アイアンドームは降り注ぐハマスのロケットを相次いで迎撃している。まるで夜空に花火の爆竹が炸裂しているように見える。市民に避難を知らせるサイレンの音も聞こえる。独メディアのドイチェ・ヴェレ(DW)はアイアンドームが接近中の発射体の探知にわずか何秒しかかからないと報じた。この探知時間はサイレンを鳴らして人々が安全なところに非難する時間を稼がなければならないため重要だとメディアは伝えた。

アイアンドームは探知・追跡レーダーとミサイルランチャーなどで構成されている。迎撃射程距離は最大70キロメートル。アイアンドーム1基には迎撃ミサイルを20発発射できるミサイルランチャー3~4台が搭載されている。迎撃ミサイル1発あたり8万ドル(約876万円)に達する。イスラエル当局はアイアンドームの迎撃成功率が「90%を超える」と説明する。アイアンドームはハマスのロケット攻撃を防ぐために米国とイスラエルが共同で開発し、2011年に実戦配備された。イスラエル軍は今月10日からハマスがガザ地区からイスラエルに向けて発射したロケット砲が1000発以上になると明らかにした。

イスラエル軍はまた、ハマスが使っているガザ地区の14階建物も破壊したと伝えた。該当の建物写真と共に「数分前、わが戦闘機がガザ南部にある14階建物を攻撃したが、ここはハマス軍の情報局と戦術、軍事情報を伝達するために使われるインフラ施設を備えている」と説明した。続いて「われわれは建物にいる民間人に事前警告と避難時間を十分に与えた」と付け加えた。

BBCなどに公開された映像では、該当の建物は黒煙と真っ赤な炎に包まれながら崩れ落ちる。相次ぐ空襲に最後まで残っていた建物の一部も跡形もなく消える。イスラエル都市を狙ったハマスの攻撃も続いている。イスラエル軍は「1時間前、ハマスのロケットが民間人が暮らすペタティクバ地域に落ちて市民が負傷して深刻な被害を受けた」として映像を掲載した。

イスラエルとハマスの武力衝突が続き、被害も拡大している。CNNはパレスチナ保健省によると、ガザ地区に対するイスラエルの空襲で今まで子ども17人を含め少なくとも67人が死亡し、388名が負傷したと報じた。イスラエル当局は死亡者のうち少なくとも15人がハマス武装勢力であり、このうちで高位指揮官も含まれていると明らかにした。イスラエル軍はハマスの攻撃で子ども・女性・軍人など7人が亡くなって、市民200人が負傷したと伝えた。

ロイター通信によると、12日ジョー・バイデン米国大統領はホワイトハウスで取材陣と会い、「(今回の武力衝突の)早急な終息を希望する」としながらも「イスラエルは自身を防御する権利がある」と肩を持った。ホワイトハウスはこの日の声明を通じてもバイデン大統領がイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と電話会談をした事実を伝えて「バイデン大統領がエルサレムとテルアビブを狙ったハマスと別のテロ集団のロケット攻撃を糾弾した」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기