본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国消費者91%「日本汚染水の放出決定で水産物の消費量を減らす」

ⓒ 中央日報日本語版

福島放射性汚染水の海洋放流決定に反対する糾弾デモ。ソン・ボングン記者

最近、日本政府の福島原発汚染水の海洋放出決定以降、韓国消費者が水産物の消費を減らしたことが分かった。

4日、韓国消費者団体である消費者市民会が先月22~23日、ソウルと京畿道(キョンギド)に居住する20~50代男女消費者500人を対象にアンケート調査を実施した結果、63.2%がこのように水産物消費を減らしたと答えた。

36.2%は消費に変化がなかった。

日本の原発汚染水の海洋放出決定が今後自身の水産物消費に及ぼす影響に対して91.2%が「消費量を減らす」と答え、水産物消費がさらに萎縮するものと予想される。また、日本産水産物の安全管理に対しては69.6%が信頼していないと評価した。

水産物安全のために必要な政策では54.4%が「全体日本産水産物の国内流入禁止」を挙げ、「日本産水産物の安全性および放射能に対する安全管理の強化」(27.8%)、「水産物の原産地表示および取締り強化」(6.4%)などが後に続いた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기