본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国慶南の50代と70代男性、ファイザー製・アストラ製を打った後相次ぎ死亡

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

大田中区(テジョン・チュング)の新型肺炎ワクチン予防接種センターで医療スタッフが高齢者にファイザー製ワクチンを慎重に接種している。フリーランサーのキム・ソンテ

慶南(キョンナム)地域で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを打った50代と70代男性2人が相次ぎ亡くなったことが把握された。保健当局はワクチンの接種と関係性があるのか因果性評価を行う予定だ。

3日、中央日報の取材結果によると、2日午前慶南咸安郡(ハマングン)に住む50代男性が自宅で遺体で発見された。この男性は先月26日、アストラゼネカ製ワクチンを接種した後、発熱や筋肉痛などの症状を見せた。彼は脳卒中の基礎疾患があり、血圧薬なども服用したことが把握された。警察は3日、剖検を通じて正確な死亡原因を確認する方針だ。

一日前である1日午後7時ごろ、居昌郡(コチャングン)に住む70代男性が大邱(テグ)のある病院集中治療室で死亡した。この男性は先月23日、ファイザー製ワクチンを1回目の接種を行った。接種後に異常症状はなかったが、26日午前に胸の痛みを訴えて近隣病院の救急室を経てこの日午後5時ごろ大邱のある病院に運ばれた。基礎疾患は高血圧と持病などがあった。50代男性は慶南道で、70代男性は大邱市でそれぞれワクチン予防接種後の因果性評価をする計画だ。

保健当局関係者は「2件の死亡事故とファイザー製およびアストラゼネカ製ワクチン接種間の因果性は現在まで確認されていない」とし、「疫学調査官や民間医師などが死亡者の基礎疾患、剖検結果、同一ワクチンの他の死亡者などとの比較などを通して総合的に因果性の可否を判断する計画」と話した。

一方、2月26日韓国でワクチン接種が始まってから異常反応と疑われるという報告は1日0時基準で累積1万6196件だ。1・2回目の累積接種者355万4402人の約0.46%水準だ。全体の異常反応疑い報告の中でアストラゼネカ製ワクチン関連が1万3968件で全体報告の86.2%を占めた。ファイザー製ワクチン関連の報告は現在まで計2228件(13.8%)だ。現在まで報告された国内異常反応の中で死亡事例は計75人だ。慶南ではワクチン接種後の死亡者は計3人になった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기