본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

トランプ前大統領「文大統領、指導者として弱かった…金正恩委員長が尊重したことない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
トランプ前米大統領が最近自身の対北朝鮮政策を批判した文在寅(ムン・ジェイン)大統領のニューヨーク・タイムズのインタビューと関連し猛非難した。AFP通信などによると、トランプ前大統領は23日に電子メールでの声明を通じ、「文大統領は米国に対して長期間持続した軍事的ぼったくりと関連したものを除けば、指導者として、また交渉家として弱かった。最もつらい時期に知ることになった(そして好きになった)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)は文大統領を尊重したことがなかった」と主張した。

これに先立ち文大統領は21日にニューヨーク・タイムズ電子版に掲載されたインタビューで、トランプ前大統領の対北朝鮮政策に対して「ほのめかしただけで完全な成功を収めることはできなかった」とした。その一方で「トランプ政権の成果の土台の上でさらに進展させていけば、その結実をバイデン政権が握ることができると考える」との立場を明らかにした。

トランプ前大統領は今回の声明で、自身が韓半島(朝鮮半島)の平和に寄与したと強調した。彼は「韓国に向けられた(北朝鮮の)攻撃を防いだのはいつも私だったが、彼らに不幸なことに私はこれ以上そこにいない」と書いた。

また、トランプは在韓米軍の防衛費分担金に対する不満も吐き出した。彼は「米国は数十年間愚か者のように扱われたが私は米国が提供する軍事的保護とサービスに対し韓国が数十億ドルをさらに支払うようにした。バイデン政権は韓国が米国に支払うことで合意した数十億ドルをそれ以上要求することもないだろう」とした。

ただ2018年の韓米自由貿易協定(FTA)改定と関連しては「幸いにも退任する前に新しく既存のものよりはるかに公正な貿易合意に到達できた。これはこの国の偉大な農夫らと製造業者に数十億ドルの利益をもたらすだろう」と自賛した。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기