본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国野党議員、政府のワクチン需給批判…「日本は一気にワクチン不足を解消」

ⓒ 中央日報日本語版
19日、韓国国会で開かれた政治・外交・統一・安全保障分野の対政府質問で野党議員は政府のワクチン需給問題を批判した。

国民の力のチョン・ジンソク議員は菅首相が18日、ファイザーワクチンの追加供給に事実上合意したという報道に言及して「菅首相は米国大統領と首脳会談を通じて一気にワクチン不足を解消した」とし「韓日ワクチン戦争がワシントンで起こるが、わが大統領が日本首相より成果をおさめることができなければ、国民の失望感は大きくならざるを得ないのではないか」と話した。

菅義偉首相がファイザーのアルバート・ブーラ最高経営者(CEO)と電話会談を行って新型コロナウイルス感染症に(新型肺炎)ワクチンを大量に確保することに成功したと日本メディアが18日、報じた。

チョン議員は「わが国のワクチン接種率は100位以下に落ちた。現在の速度であれば集団免疫まで6年4カ月がかかるという話もある」と指摘した。

これを受け、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相は「上半期まで1200万人にワクチンを供給することができる」として「ほとんどワクチン需給が下半期に集まった。契約を結ぶ通りに着実に入れば、11月までは集団免疫に問題がないだろう」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기