본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

<ソウル・釜山市長選>正義党「文政府自身に惨敗…ロウソク精神への裏切りが審判を受けた」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

正義党の余永国代表が8日、汝矣島国会で開かれた代表団会議で与党圏のソウル・釜山市長選の惨敗について発言している。オ・ジョンテク記者

余永国(ヨ・ヨングク)正義党代表が8日、ソウル・釜山市長選挙で国民の力が勝利したことについて、「今回の選挙は、文在寅(ムン・ジェイン)政権が自分自身に惨敗した選挙」と指摘した。

余代表はこの日午前、正義党代表団会議で「ロウソク精神を裏切った政権与党への厳しい審判」と述べた。

余代表は「高慢と虚偽の姿勢にためらいなく振り下ろされた有権者の厳しいムチ」とし、「民心は船を浮かべることもできるが、覆すこともできるということを改めて刻印した選挙だった」と述べた。

国民の力に向けては「弾劾勢力が得た得票は彼らの優位性を示す結果ではない。高い投票率と大きな票差は、政府与党の裏切りに対する深い失望の表れ」とコメントした。

姜恩美(カン・ウンミ)院内代表も「政権与党長のセクハラ事件により行われた初の選挙で、民心はロウソクの初心を裏切って既得権化した政府と与党を審判した」とし、「政権与党はロウソクの初心に返り、国民が心から憤怒している既得権化した自身の姿を省察し、変化しなければならない」と述べた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기