본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

EMA「アストラ製ワクチンと血栓に関連性」と結論…韓国での接種計画に影響

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン

疾病管理庁は7日、特殊教育・保育教師、保健教師と保育施設の看護スタッフを対象に8日から始めることにしていたアストラゼネカの新型コロナウイルスワクチン接種を一時延期すると明らかにした。現在進行中である60歳未満の対象者に対するアストラゼネカのワクチン接種もひとまず保留すると付け加えた。疾病管理庁新型コロナウイルス予防接種対応推進団はこの日ワクチン分野の専門家諮問会議を開いてこのように決めた。

当局はこの日、アストラゼネカのワクチンと血栓発生の相関関係に対する欧州医薬品庁(EMA)の判断を見守った後に接種を続けるかを決めるとしたが、EMAは「アストラゼネカのワクチンと血栓疾患の関連の可能性を確認した」と発表した。

この日韓国でもアストラゼネカのワクチン接種後に血栓症の診断を受けた事例が1件追加で確認され合計3件になった。ここにEMAの発表が出され当局の悩みが深まった。EMAの医薬品リスク評価委員会(PRAC)は6日から英国と欧州連合(EU)加盟国の2500万人に接種した結果、先月22日までに報告された脳静脈洞血栓症(CVST)62件と深部静脈血栓症24件を深層調査した。EMAはその結果、「血小板減少を伴う特異血栓をアストラゼネカの新型コロナワクチンで極めてまれに発生する副作用事例として登録すべきという結論を下した」と発表した。

EMAによると、これまで報告された接種後の血栓症事例の大部分はアストラゼネカのワクチン接種から2週間以内に60歳未満の女性で発生した。ワクチン接種者から血小板減少症を伴った血栓症が見つかった場合、すぐに病院で診療を受けなければならない。血栓症を疑うべき症状としては、▽呼吸困難▽胸の痛み▽足のむくみ▽持続的な腹部の痛み▽持続的で激しい頭痛や視力低下など神経学的症状▽注射部位以外の皮膚発疹――などに言及した。

しかしEMAは「アストラゼネカのワクチンは新型コロナウイルスから保護するために開発されEUで承認された4つのワクチンのひとつ。疾病予防に効果的で、新型コロナウイルスによる入院と死亡のリスクを低減させる」と強調した。

EMAはこれに先立ち先月にアストラゼネカのワクチンと血栓増加の関連性はないという結論を下し、「極めてまれに発生する播種性血管内凝固症候群(DIC)とCVSTなどと関連しては因果性を排除することはできない」として「注意事例」と発表した。DICやCVSTは血栓生成と血小板減少が伴う疾患で、接種後2週間以内に55歳未満の女性で主に発生したことがわかった。

EMAの発表により韓国のワクチン接種日程も影響が出ることになった。4-6月期に導入が確定したワクチンはアストラゼネカとファイザーだけだが、このうちファイザーは満75歳以上の高齢者と高齢者施設入所者向けだ。今回接種を保留した対象者向けの接種が確定できなくなった。8日からアストラゼネカのワクチン接種を受けられる対象は特殊教育従事者と幼稚園・小中学校の保健教師ら19万2000人に達する。このうちワクチン接種に同意した14万2000人に対する接種が順次進められる予定だったが全面的に延期された。また、予防接種が進行している対象の場合、60歳未満の接種者に対し一時的に接種が保留された。現在アストラゼネカのワクチンを接種している対象は療養病院・施設従事者と入所者、病院級以上の医療機関従事者、疫学調査・検疫要員、救急隊など新型コロナウイルス1次対応要員だ。接種が中断される人数は3万8000人だ。疾病管理庁の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)庁長は「今回の措置は新型コロナウイルスワクチン接種者の安全性を最優先に考慮し先制的に実施した措置で、EMAの発表内容を基に国内の専門家らと深い議論を経て速やかに対応したい」と明らかにした。

当局がEMAの発表に先立ちアストラゼネカのワクチン接種を一時保留したのは、この日韓国で3例目の血栓症事例が報告された影響が大きい。疾病管理庁はこの日アストラゼネカのワクチンを接種した20代の女性患者の足と肺で血栓が発生したと発表した。パク・ヨンジュン異常反応調査支援チーム長はこの日の会見で「鋭意注視している脳の部分では血栓症が確認されなかった」と話した。この女性は先月17日にアストラゼネカのワクチンを接種し、12日後の同月29日に症状が発生した。推進団は基礎疾患を持っていたかに対しては調査を進めていると明らかにした。

韓国でアストラゼネカのワクチン接種後に血栓症が確認された最初の事例は療養病院に入院中だった60代の女性で、2月に接種から8日後に死亡し解剖検査過程で血栓が見つかった。新型コロナウイルス予防接種被害調査班はこの女性の死因がワクチンではなく吸引性肺炎と急性心筋梗塞である可能性が大きいとし、ワクチンとは関係がないと結論を出した。その後先月に新型コロナウイルス1次対応要員の資格でアストラゼネカのワクチンを接種した20代の救急要員が激しい頭痛で入院治療を受ける過程でCVSTの診断を受け治療後に退院した。

接種が続いている60歳以上の接種も支障が出る恐れがある。接種対象者の不安感を鎮められない場合、接種拒否につながりかねない。

韓国ワクチン学会のマ・サンヒョク副会長は「不安感が大きいだけにしばらく接種を中断して確かめていく必要がある。政府がワクチンの安全性を確認して接種を続けなければならない」と話した。防疫当局もアストラゼネカのワクチン接種を完全に中断したものではないと説明した。疾病管理庁関係者は「アストラゼネカのワクチンに問題があり接種を完全に中断するということではない。内外で若い層に血栓症を誘発するという議論が続いており安全性が確認されるまで一時中断するもの」と話した。

防疫当局が発表した計画によると4-6月期にワクチンを接種する人数は1150万3400人で、このうち770万5400人がアストラゼネカのワクチンを接種する予定だった。

一方、アストラゼネカの本社がある英国では30歳未満にはアストラゼネカのワクチンではなく別のワクチンを接種することにした。英J.C.ベンター研究所(JCVI)はこの日血栓発生の懸念を理由に18~29歳は可能ならば他のワクチンを接種するよう勧告を出したとBBCなどが報道した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기