본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

朝鮮中央通信「日本の歴史教科書歪曲は軍国主義の亡霊を注入」

ⓒ 中央日報日本語版
北朝鮮朝鮮中央通信は先月30日、検定を通過した日本の高校歴史教科書を批判した。

朝鮮中央通信は4日「日本の反動、高校歴史教科書の検定結果公布」という見出しの記事で「日帝が侵略戦争と植民地支配時代に敢行した犯罪行為などをなくし、または曖昧に表現し、独島(ドクト、日本名・日本海)の領有権主張を記述した」として「海外侵略を対外軍事戦略の基本にし、重要な政策的課題として前面に出してその実現のために手段と方法を問わず行動している」と批判した。

朝鮮中央通信は「日本の挑発的な動きはすべて軍国主義の歴史観を蘇らせ、海外侵略の踏み台を用意してみようということにその目的がある」として「日本の反動らの執拗かつ破廉恥な歴史教科書歪曲行為の本質には誤った歴史教育を通じて、次の世代に軍国主義の亡霊を注入させて大東亜共栄圏の過去の夢をどうしても実現しようとする陰湿で凶悪な術策が隠れている」主張した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기