본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「裸で漬けた」中国産キムチ…「低質なキムチ区別法? 食べてみないと分からない」=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

キムチ

最近、中国工場の非衛生的な環境でハクサイが漬けられる映像が公開さ論議を呼んでいる。中国側は「輸出用でない」と釈明したが、不安を訴える人々は相変わらず多い。

世界キムチ研究所のソ・ヘヨン博士は18日、YTNラジオを通じて「上着を脱いだ作業者の姿からみると、外部の温度が低くないようだ」とし、「このようにハクサイを常温で長時間保管すれば、褐変が起きて色も黒く変わり、ハクサイのテクスチャ―(食感)も簡単にもろくなる」と説明した。

このようなハクサイは微生物によってすでに発効が相当部分進んだので、キムチに作れば食感が良くなく、全般的にキムチの品質が落ちるというのがソ博士の説明だ。

問題は、映像の中の塩漬けのハクサイでキムチを作る場合、消費者が簡単に区別することが難しいという点だ。ソ博士は「薬味が混ぜ合わせられれば、塩漬けハクサイの状態が確認されないため、手で触ってみたり食べてみたりしないと分からないだろう」と話した。

しかし、食品医薬品安全処は輸入通関段階で精密検査を実施するので問題の方式で製造されたキムチが輸入される可能性は小さいという立場だ。

食品医薬品安全処関係者は「ソ博士が指摘したように、輸入検査官が手で触ってみれば非衛生的に漬けられたハクサイなのか確認が可能で、大腸菌や食中毒菌など精密検査を通じて問題がある製品は輸入遮断が可能だ」と説明した。

また、この関係者は2016~2019年まで中国のキムチ製造会社87社を対象に現地で実態調査を行い、8社が輸入中断措置を受けたが、彼らも動画の中の塩漬け方式を使ったわけではないと伝えた。また、昨年流通輸入キムチに対して消費者団体とともに安全性検査を行った結果もすべて適合判定を受けたと明らかにした。

さらに、「今回の事件を機に中国産塩漬けハクサイおよびキムチに対して食中毒菌や保存料など検査を追加した」として「消費者の不安を払拭させることができるように今回の措置にともなう検査結果を詳細にお知らせする」と説明した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기