본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:中国で2兆ウォン赤字「ショック」…現代車、事業戦略転換へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

北京現代自動車の第3工場組立ライン 写真=現代車提供

現代自動車と起亜が昨年、中国で2兆ウォン(約1900億円)近い営業損失を出した。2002年に中国に進出して以降、最悪の業績だ。THAAD(高高度防衛ミサイル)韓国配備への報復と現地での評判悪化、主力ラインナップ更新の失敗、新型コロナの影響などが複合的に作用したと分析される。現代車・起亜は中国事業戦略を全面的に転換する計画という。

◆売上が半減した北京現代

現代車は10日、中国法人「北京現代」の昨年の売上高を6兆8729億ウォン、営業損失を1兆1520億ウォンと明らかにした。売上高は前年(10兆2056億ウォン)比でほぼ半減した。一方、営業損失は前年(5234億ウォン)比で倍増した。

東風悦達起亜も同じだ。売上高は2019年の3兆7637億ウォンから昨年は3兆5887億ウォンに減少し、営業損失は3120億ウォンから6499億ウォンに増加した。両社の売上高は4年連続の減少となった。

販売も振るわなかった。昨年、現代車と起亜は中国で計66万4744台を販売した。これは前年比26.9%減。2016年(179万2022台)と比較すると4年間で3分の1水準になった。2010年代初期に10%を超えていた市場シェアは昨年3.4%だった。業界関係者は「車の販売が減少しているためにディーラーのインセンティブを増やさなければならず、営業実績の悪化が繰り返されている」と話した。

現代車・起亜の中国での不振はTHAAD報復が本格化した2017年に始まった。中国国内で韓国製品不買運動が広がり、現代車と起亜の販売台数が急減した。昨年は新型コロナで打撃を受けた。

SUVと高級車を好む中国消費者に速やかに対応できなかった結果という指摘も多い。小型・中型セダンと低価格型モデルがある程度売れていたため、ラインナップ転換が遅れたという評価だ。現代車・起亜が高級ブランドと評価されるドイツおよび日本企業と、価格を前面に出す中国現地ブランドの間で苦戦しているという見方もある。

◆「価格性能比でなく高級車で反撃」

現代車・起亜にとって中国は最後に残された宿題だ。米国や欧州などほとんどの市場では期待以上の成績を出しているが、中国では不振が続いている。とはいえ、世界最大自動車市場の中国をあきらめることはできない。

現代車と起亜は中国戦略を完全に転換する計画だ。中国消費者に現代車・起亜を「価格性能比」が良いブランドではなく、良い車を製造するブランドとして認識させる戦略だ。現代車関係者は「販売減少を覚悟してでもイメージを変える必要がある」とし「ディーラーにインセンティブを与えて販売を増やすのではなく、消費者が先に求めるほど良い車を出す戦略に転換する計画」と説明した。低価格に焦点を合わせた中国特化モデルを減らし、グローバル市場でよく売れている高級車の比率を増やす予定だ。

現代車は今年、燃料電池自動車NEXOと専用プラットホーム電気自動車アイオニック5などを中国市場に出す。起亜は新型カーニバルなどを販売する計画だ。現代車高級ブランドのジェネシスも年内に中国に登場する。現代車と起亜は今年の中国販売目標をそれぞれ56万2000台、25万5000台に設定した。前年比で23%ほど増えた。

業績改善の兆しも表れている。昨年、現代車・起亜の中国ディーラーの在庫は6万台ほど減少した。今年に入ってからも2万台近く減った。在庫が減れば車両販売価格の引き上げや、さまざまな販売促進活動が可能になる。今年1-2月の販売も前年同期比で増えている。業界では今年から現代車・起亜が中国で販売を増やしていくという見方が出ている。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기