본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

若いほど後遺症が深刻? 解熱剤は飲むな? ワクチン接種Q&A=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
このような中、6日に大韓医師協会が出した対国民勧告案が誤解を生んでいる。医協は「発熱が38.5度未満で、始まってから24時間以内の場合、つらくなければ解熱剤は飲まないほうがよい」とし「抗体形成を低下させるおそれがある」と勧告した。すると一部では「熱が出てもできるだけ解熱剤を飲まないほうがいい」という反応が出ている。

医協のキム・デハ広報担当はしかし、「解熱剤を飲むなというのは誤って伝わったもの」としながら「海外の研究結果によると、抗体形成に影響を与える余地があるので、高熱ではなくつらくない場合ならあえて飲む必要がないということで、38.5度以上や耐えられないほどなら解熱剤を飲んでもよく、その際には抗体形成に影響が少ないアセトアミノフェン(タイレノール)を推奨した」と話した。当局もこの日、「タイレノールのように消炎効果がない単純な解熱鎮痛剤は、接種後に不快な症状がある場合には服用しても適切」という意見を出した。

金宇柱教授は「本人の感覚で日常生活に支障をきたすほどだと思えば、体温とは関係なく服用するのがよい」とし「タイレノールを先に服用し、それでも症状が収まらなければ、状況によってナクセン、ブルフェンなど消炎作用がある解熱剤を服用することを勧告する。これで解決しないなら病院の診療を受けるのがよい」と話した。

一方、専門家は8日基準、アナフィラキシー(前身重症アレルギー反応)が疑われる事例が33件に増加したことに関しても、事例別に詳しい調査が必要だと強調した。金宇柱教授は「累積接種者が30万人だが、アナフィラキシーが疑われる事例が33件なので、1万件に1件程度出てきたということ」とし「単純なノイズ(雑音)なのか、シグナル(信号)として考えて注意しなければならないのか科学的な分析が必要だ」と話した。

チェ・ウォンソク教授は「アナフィラキシーではないと過度に判断した可能性もあるが、人種が異常反応に影響を与える可能性もある」とし「接種人員が大規模に増えることに備え、発生事例を詳しく確認してきちんと整理しておかなければならない」と話した。

疾病管理庁は「申告事例以外にもワクチン別に5000人程度規模で異常反応の有無を能動的に調査し、その頻度などについて分析する」と明らかにした。過度な不安は持たないようにするものの、接種当日に発熱・せき・悪寒などがあれば接種を延期し、過去にアナフィラキシーのような重症アレルギー反応が示した場合には、接種を勧めないと明らかにした。接種後は病院や保健所など接種場所に必ず15~30分間留まって異常反応を観察してほしいと呼びかけた。
若いほど後遺症が深刻? 解熱剤は飲むな? ワクチン接種Q&A=韓国(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기