본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国船舶を拿捕したイラン、今度は自国のタンカーが拿捕され…「海洋汚染・違法取引の疑い」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

4日にイラン革命防衛隊に拿捕された韓国船籍のタンカー「MT韓国ケミ」。[写真 DMシッピング]

インドネシア当局がイランのタンカーを自国の海域で原油を違法で搬出して海洋を汚染させた疑いなどで拿捕したと明らかにした。イランが海洋汚染を理由に韓国船舶を拿捕して約20日ぶりに起きたことだ。

25日、ロイター通信などによると、インドネシア海上警察は前日イランタンカー「ホース(Horse)」とパナマ籍のタンカーが船舶の自動識別システムを消して移動することを捉え、違法的に船舶間原油移動が行われる姿を見て拿捕したと発表した。

海上警察は「現地時間24日午前5時30分ごろ、2隻の船舶が自動識別システムを消し、無線電話に答えなかった」として「パナマタンカーの周りから油も流出した」と説明した。また「国籍を示す旗を降ろし、船体の一部を塞いだ」と説明した。

イランで原油を積んだタンカーは米国の対イラン制裁にもかかわらず、多数の海域に航海して違法取引を試みてきた。イラン政府はジョー・バイデン米新行政府にドナルド・トランプ前大統領によって課された対イラン制裁を条件なしに解除してほしいと求めた。

インドネシア海上警察はボルネオ島西部のカリマンタン島ポンティアナック近海で拿捕したイランタンカー「ホース」とパナマタンカー「フレイヤ(Freya)」をバタム島基地に連行して取り調べることにした。2隻いずれも200万バレルを輸送できる超大型原油タンカー(VLCC)で、抑留された船員は計61人だ。

ホースはイラン国営タンカー会社(NITC)の所有で原油をいっぱい積んで運航していた反面、上海フューチャー・シップ・マネジメント(Shanghai Future Ship Management)が運営するフレイヤは空っぽの状態だったとロイター通信が関連資料を引用して報じた。

船舶の位置を追跡するマリントラフィックのホームページによると、フレイヤは今月6日中国遼寧省ハツ魚圏港からシンガポールに向かって出港していたと記されている。

イラン外務省のサイード・ハティーブザーデ報道官は「(イランのタンカー)拿捕に関する様々なメディアの報道があったのでこれに関する詳しい情報をさらに要求した」と明らかにした。

一方、イランが海洋汚染を根拠に拿捕した韓国化学運搬船「韓国ケミ」は依然としてイラン南部の海上に抑留されている。イラン革命防衛隊(IRGC)は4日、石油化学物質7200トンを運んでいた韓国ケミをホルムズ海峡オマーン近海から自国の領海に移動させて抑留した。イランは韓国ケミが海上を汚染したと主張している。反面、韓国ケミの船会社は環境法に違反した事実がなかったと明らかにした。

これを受け、インドネシア海上警察によるイランタンカーの拿捕が「韓国ケミ」の釈放交渉にも影響を及ぼすか注目される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기