본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国中小企業経営者ら「今年の経済も昨年のように暗鬱で売り上げも減るだろう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
中小企業の最高経営責任者(CEO)の10人中9人は今年の韓国の経済状況を「深刻か昨年と同水準だろう」と予想した。中小企業中央会は13日、「中小企業CEOを対象に調査した結果、大部分が新型コロナウイルスが流行した昨年に続き今年の経済状況も厳しいだろうと答えた」と明らかにした。

中小企業中央会は4~7日に中小企業411社のCEOを対象に「2021年経営見通し調査」を実施した。「深刻だ」という回答が47.7%、「前年と同水準」が41.8%で、90%近くが否定的に答えた。今年の経済が良好だろうという答は10.5%にとどまった。

今年の経済状況を否定的に予想する理由としては、「新型コロナウイルスにより内需不振が続くだろう」という回答が86.7%で最も多かった。次いで「企業規制中心法案と政策」が10.2%、「大企業と中小企業の二極化深化」が3.1%の順となった。対外要因としては「世界的成長率鈍化」が75.0%、「輸出規制など保護貿易主義拡散」が13.3%、「米中貿易紛争」が7.1%などと続いた。

中小企業CEOの37.0%は前年比で今年の売上が「減るだろう」と答えた。「前年と同水準」が47.4%、「増えるだろう」は15.6%にとどまった。今年経営に最も大きな影響を及ぼす対内外要因(複数回答)では、71.0%が「全般的な景気心理回復の有無」を挙げた。次いで「政府の政策支援の有無」が46.2%、「企業運営要件充足の有無」が33.6%の順となった。

今年政府と国会に望む中小企業支援政策(複数回答)に対しては「内需活性化支援」が48.2%、「政策金融・税制支援強化」が43.8%、「企業活動に対する過度な規制立法緩和」が38.2%、「週52時間勤務制補完」が27.5%などとなった。

中小企業中央会のチュ・ムンガプ経済政策本部長は「新型コロナウイルス長期化で内需萎縮と内外の不確実性などが中小企業の今年の経営見通しに否定的な影響を及ぼしたとみられる。最近経営活動を固く締めつけている経済3法、重大災害企業処罰法、週52時間勤務制度などの規制法案と政策に対し政府レベルの補完立法など政策的配慮と積極的な支援が必要だ」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기