본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国政府、11月が集団免疫目標だが…WHO「今年の達成は難しい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国政府が新型コロナウイルスワクチンと関連して11月までに集団免疫を達成するという目標で接種計画を立てた中、世界保健機関(WHO)は今年中に集団免疫を達成するのは難しいという見通しを出した。

WHOのソミヤ・スワミナサン主任科学者は11日の会見で「2021年中にいかなる水準の人口免疫や集団免疫も達成できないだろう」と説明した。同氏は「いくつかの国で(集団免疫を)達成するとしても世界のすべての人を保護できるものではない」として開発途上国のワクチン普及が遅れている点とウイルス変異種が引き続き発生している点を理由に挙げた。これに先立ち疾病管理庁の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)中央防疫対策本部長は「11月ごろまでには集団免疫水準を達成できるようにしたい」と話した。専門家らはこうした意見の違いと関連し、WHOは世界を基準とするため韓国と集団免疫を判断する基準が異なることもあると解説した。ただワクチンの効能と抗体維持期間などを見ると韓国でも11月までに集団免疫が可能かは見守らなければならないとして慎重な立場を見せた。

一方、韓国のバイオ製薬業界などによると、韓国政府が米製薬会社ノババックスと新型コロナウイルスワクチンの供給契約をめぐり詰めの交渉を進めている。契約量は1000万人分前後になるものとみられる。ノババックスのワクチンはすでに昨年韓国のSKバイオサイエンスが委託生産する契約を結んだだけに韓国国内への供給が容易という長所がある。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기