본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓経:イランで追い詰められた韓国外交次官

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
イランの韓国船舶抑留事態が起きて1週間が過ぎている中、両国は現地で交渉のテーブルに向かい合って座ったが、意見の隔たりを確認することにとどまった。イランは「韓国のイラン資金凍結は米国の要求に屈服したもの」と批判して凍結資金問題の解決が最優先条件だと釘をさした。事態の長期化に対する懸念の声が高まっている。

崔鍾建(チェ・ジョンゴン)外交部第1次官は10日(現地時間)、イランのテヘランでアラグチ外務次官と会談して解決策を話し合った。アラグチ次官は「イランと韓国の二国間関係の増進は資金凍結問題が解決されてから意味がある」として「資金凍結は米国の制裁賦課のためというよりは韓国の政治的意志が足りなかったせい」と追い詰めた。

外交部当局者によると、崔次官はイランによる「韓国ケミ号」の抑留が「不当だ」として彼らの釈放を強く求めた。イランはこれに対して「環境汚染問題」と再度主張したが、本来韓国代表団の証拠提出要求には応じなかったと伝えられた。アラグチ次官は「韓国政府は最優先事案を解決するうえで必要な方法を探ることに真剣に努力してほしい」として凍結資金の返還が最優先課題であることを強調した。崔次官は凍結したイラン資金問題を解決することに努力するという意向を伝えたことが分かった。

イラン政府関係者は時間が経つほど韓国船舶拿捕の目的が凍結資金の返還にあるという点を公然と対内外のメディアに流している。フィナンシャル・タイムズ(FT)はこの日、イランのタカ派政府関係者が「韓国はイランの資金を縛っておくことができないということに気付くだろう」と述べたと報じた。

崔次官はイラン最高指導者と関係のある高官との面談も予定されていると伝えられた。イランの現地メディアは11日、イラン中央銀行総裁とも面談する予定だと報じた。

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기