본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国でシェア1%…日本車の急落は不買運動のせい? 理由は別にあった

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

日産の高級車ブランド、インフィニティの「Q50」。日産は昨年韓国市場から撤退した。[写真 韓国日産]

韓国の自動車市場でこの1年で日本車のシェアが1%に落ちた。韓国で売られた新車100台のうち日本車は1台だけという意味だ。2019年に巻き起こった日本製品不買運動に起因するところが大きいが、専門家らは「全体的に日本車の魅力が落ちた」と分析した。また、日本国内でも「革新性と果敢な投資が足りなかった」という指摘が出ている。

韓国輸入自動車協会(KAIDA)とカーイズユーデータ研究所などの輸入車販売実績によると、レクサス、トヨタ、ホンダ、日産、インフィニティの日本車5ブランドは昨年韓国市場で2万500台ほどを売った。昨年売れた輸入車27~28万台のうち約7.5%を占めており、韓国国内の自動車販売全体の189万~190万台で見ると1.1%にすぎない。

◇日本、輸入車シェア35%から7%に急減

輸入車のうち日本ブランドの割合が10%以下に落ちたのはKAIDAが実績を集計し始めた2001年以降で初めてだ。レクサスで韓国市場に参入した日本車は2008年に輸入車市場の35.5%を占めたりもした。その後輸入ブランドが増え割合は減ったりしたが、20016年に初めて3万台販売を達成した後、翌年に4万5253台でピークとなった。また、2019年は日本製品不買運動にもかかわらず3万6661台を売った。

自動車産業協会によると、昨年の韓国の自動車販売は新型コロナウイルスにもかかわらず過去最大となる190万台余りを記録した。現代・起亜自動車は販売台数が2019年より6.2%増加し、メルセデス・ベンツは2年連続で7万台規模を維持した。またBMWは32.1%増え、排ガス不正問題後に販売を大幅に増やしたアウディとフォルクスワーゲンは2019年より2倍以上増えた。新型コロナウイルスの余波にも主要自動車ブランドが韓国市場で成長を謳歌したが日本車だけ後退した格好だ。

◇韓国の消費者が背を向けた「ガラパゴス」デザイン

自動車業界では日本車の不振が韓日貿易紛争で触発された韓国消費者のノージャパン感情のためだけではないという見方が優勢だ。韓国の消費者が車を選択する際に重要と考えるデザインと便宜性、革新性などほとんどすべての販売条件で日本車が競争力を失っているということだ。

ハイ投資証券リサーチセンター長のコ・テボン氏は「ジェネシスなど韓国車の品質が上がっており、あえて価格の高いレクサスを買う理由がなくなった。デザインも『ガラパゴス』という言葉があるほど韓国の消費者の好みとは距離がある」と話した。「ガラパゴス」は日本車が自国の消費者だけ共感するデザインを採択しているという意味だ。

車を社会的地位と関連付ける性向が深まったのも要因と分析される。仁荷(インハ)大学消費者学科のイ・ウンヒ教授は「韓国の消費者に車は単純な消費財以上だ。そのような面からドイツの高級ブランドなど欧州車は誇示しやすい車。これに対し日本車は実用性が良い車と認められたが、最近欧州車の価格が下がり競争力を失った」と指摘した。

実際に昨年韓国で最も多く売れた国産車は「グレンジャー」の14万5463台、輸入車はメルセデス・ベンツ「Eクラス」の3万3642台だった。特に6300万ウォンの価格帯の「E250」は昨年1万321台が売れ、レクサスの全販売台数6948台を大きく上回った。

◇「革新推進のための投資が不足」

韓国市場で日本車の不振はユニクロや無印良品など日本の消費財ブランドと比較しても目立つ。ユニクロを運営するFRLコリアは不買運動以降に売り上げが急減したが、「ヒートテック」など比較優位製品を掲げて年間6000億ウォン(2019年9月~2020年8月)以上を記録した。

ビジネスインサイトのキム・インホ副会長は「日本のファーストリテイリングなどは革新を基に競争ブランドがついていけない機能性を前面に出す。これに対し日本車はそうした競争力がない」と話した。続けて「10年ほど前に日本の若者らは『これ以上車は必要ない』と考えた世代だ。そうしたことから自動車メーカーも革新や開発に対する努力をあまりしなかった。最近電気自動車や水素自動車の競争でもテスラや現代自動車に押されているのがこれを傍証する」と付け加えた。

革新に向けた動力を失ったという声は日本の自動車メーカー内部からも出ている。今年欧州市場から撤退する三菱のある役員は最近外信とのインタビューで「革新を推進するための十分な販売が後押しされなかった」と話した。

中古車市場でも日本車の存在感は減った。エンカードットコムによると、昨年レクサスの人気モデル「ES」の売り物は3497台で2019年の3032台より15.3%増えた。また、トヨタの「プリウス」が1314台で5.0%、とカムリ」が1659台で6.6%増えた。エンカードットコム関係者は「全般的に日本車の位置付けが下がり売り物が増えたとみられる」と話した。

◇「日本への親近感」落ちた点も要因

韓国市場で日本車の盛衰を現わす興味深いデータもある。日本を訪れる韓国人旅行客が増えた時に日本車に対する消費も爆発的に増加したという点だ。日本車が市場シェアで最低を記録した昨年の訪日韓国人規模は推定50万人前後で、前年の10分の1水準だ。日本車が韓国で1万台以上売れた2006年は訪日韓国人旅行客が200万人を突破した時だ。また、訪日旅行客が500万人を超えた2016年に日本車販売は3万台以上を記録し、過去最多販売を記録した2018年は訪日旅行客が753万台でピークに達した。

日本車の競争力下落のほかに「日本への親近感」が大きく落ち込んだことが自動車販売に影響を及ぼしたという見方だ。漢陽(ハンヤン)大学観光学部のイ・ヨンテク教授は「韓日間交流が遠ざかり需要と供給以外の環境的要因が製品需要に影響を与えた」と話した。また、今後は「親近感を反映する観光交流がひとつの先行条件になるかもしれない」と話した。韓日間交流が増えれば日本車など日本製品に対する需要が増える可能性があるということだ。

関連記事

この記事を読んで…

経済 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기