본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領「社会的距離の確保がワクチン」叫んでいる時、シンガポール首相「半月後にワクチン到着」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領

「最初の(ワクチン)物量は今年12月末に到着する予定で、これでシンガポールはファイザーワクチンを導入した最初の国家の一つになった」

シンガポールのリー・シェンロン首相が14日、国民向け談話で語った言葉だ。リー首相はこの日、「計画が順調に進めば、2021年7-9月期内にシンガポール全国民にワクチンを供給できることになるだろう」と話した。

リー首相の談話の一日前である今月13日、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領も中央災難(災害)安全対策本部会議を直接主宰した。コロナ発生から10カ月、初めて感染者が1030人を記録した翌日だ。文大統領も「ゲームチェンジャー(Game Changer)」と言われているワクチンに言及した。しかし「ワクチンと治療剤が使われる前までの最後の峠だ。その時までは社会的距離の確保の実践が最も強いワクチンと治療剤」という言葉がすべてだった。「4400万人分の物量を確保した。長いトンネルの先が見える」(去る9日)と話していたワクチンの具体的な接種時点については言及しなかった。

真の指導者が必要なのは国家的危機の時だ。通常管理水準を越える決断をし、責任を負わなければならないためだ。国民的共感のためには疎通も必要だ。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)局面で各国指導者の力が浮き彫りになる理由だ。文大統領も含めてだ。一時、世界的な注目を浴びた文大統領のリーダーシップもワクチン局面になると別の言葉が出ている。特に、アジア国家で初めてファイザー-ビオンテックワクチンを承認して全国民接種計画を発表したリー首相と比較されている。

(1)疎通したか

ソウル大のカン・ウォンテク教授(政治学)は「最高のリーダーシップは信頼から出る」とし「コロナのように国家的危機状況では国民が感じる不信は致命的になりかねない」と指摘した。危機であるほど大統領のメッセージに透明性と具体性を備えなければならないということだ。

リー首相は14日、国民向け談話で今後の手続きを明確な青写真として描き出した。あわせて「すべての成人にワクチンを接種するよう勧告したが、これは義務事項でない」という点も明示した。

反面、文大統領は13日の会議で「実に厳しく非常な状況だ。これ以上退くところがない」とし「皆が大変で疲れているが、もう一度最善を尽くそう。K防疫は危機の瞬間により一層強かった」という抽象的内容で一貫した。新型コロナに関連し、文大統領が直接国民の前で質疑応答を受けたことはない。

(2)信頼に値するか

リー首相はコロナ初期段階から透明性を強調してきた。リー首相は今年3月から「ウイルスとの戦いに決定的なのは心理的要素」とし、率直で透明な情報共有を前面に掲げた。「(感染事態が)1年以上続く可能性もある。経済打撃は国際金融危機よりも深刻かもしれない」と警告もした。

これに比べて文大統領の楽観的発言は悲観的状況につながったりした。文大統領は「遠からず終息する。K防疫は模範事例」という言葉を何度も繰り返した。最近も「コロナトンネルの先が見える」と述べたが、かえって一日の感染者1000人時代に突入した。

文大統領はまた、今月9日の会議でワクチンの安全性を強調して「我が国にワクチンが入ってくるまで外国で多くの接種事例が蓄積されるだろう」と話した。その政府が2・3月に接種を夢見ているワクチン(アストラゼネカ)は米食品医薬局(FDA)の承認を受ける前になる可能性が高い。
文大統領「社会的距離の確保がワクチン」叫んでいる時、シンガポール首相「半月後にワクチン到着」(2)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기