본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「日本版『ジョゼ』は冷たい明け方、韓国版は夜明けの暖かい感じ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

映画『ジョゼ』で俳優ナム・ジュヒョク(右)と2回目の共演を披露した女優ハン・ジミンは「女優として成長痛を与えてくれた作品」とし、「目つきで伝える感情が多かった」と話した。[写真 ワーナー・ブラザース・コリア]

「ナム・ジュヒョクさんは気さくで透明です。ふざけながらも嘘をつく時は顔にあらわれます。よく隠せないのが魅力であり、今後も失わないでほしいところです」(ハン・ジミン)

「ジミンさんはそばでみると一人で歩かないように人々の歩調を合わせてくれるような気がします。僕だけでなく作業した皆がともに語り合いながら共感を作っていきたい人という点がジョゼと似ています」(ナム・ジュヒョク)

昨年授賞式を席巻したドラマ『まぶしくて -私たちの輝く時間-』(JTBC)に続いて新しいロマンス映画『ジョゼ』(監督キム・ジョングァン)で再会した女優ハン・ジミン(38)、俳優ナム・ジュヒョク(26)が4日と7日それぞれビデオインタビューで聞かせた話だ。お互いに向かって純粋に感心する姿が映画の中のキャラクターにそれとなく重なった。

10日公開される『ジョゼ』は生まれつきの障害で自分だけの世界で生きてきたジョゼと、偶然にジョゼと出会った大学卒業予備生のヨンソクの心痛い恋話を描いた。同名の小説に基づいて日本の青春スター、俳優の妻夫木聡、女優の池脇千鶴の主演で韓国でも人気を呼んだ日本映画『ジョゼと虎と魚たち』(2003)をリメイクした。

女優ハン・イェリ主演のロマンス映画『最悪の一日』(2016)、歌手IU(イ・ジウン)主演のネットフリックスオリジナル映画『ペルソナ -仮面の下の素顔-』(2019)などを手掛けたキム・ジョングァン監督が今回の韓国版でメガホンを握った。

以前からキム監督との協業を希望したというハン・ジミンは約10年前に映画『ジョゼと虎と魚たち』を観た記憶を思い浮かべて「余韻が強くて冬になれば一度ぐらい思い出すロマンス映画だった。恋人関係の話だが、別れが関係の終わりでなく、もう一つの変化と成長につながるという点に惹かれた」とした。

ナム・ジュヒョクには今回が2番目の映画だ。ドラマ『まぶしくて -私たちの輝く時間-』、ネットフリックスオリジナルシリーズ『保健教師アン・ウニョン』、最近放映終了したtvNドラマ『スタートアップ』などドラマ主演作は多いが、映画出演はデビュー作『安市城 グレート・バトル』(2018)が唯一だった。「すべてを注ぎ込むという気持ちで演技した」という彼は先月『ジョゼ』の製作発表会で「撮影の時、ヨンソクの心が感じられる」として涙を流したりもした。「原作が冷たくてやや青い明け方、日が昇る直前の感じだといえば、この映画は冷たい明け方は全く同じだが、暖かい太陽が浮び上がる感じだ。原作に対する負担もあったが、キム・ジョングァン監督ならではの『ジョゼ』に期待が大きくて挑んだ」と話した。

主演の二人は12歳の差があるが、日本映画とは違って年下の設定が入った。ヨンソクの不自然な尊敬語が笑いポイントになったりもする。「普通の若者のように平凡さを表現しようとした」というナム・ジュヒョクは「生のものを演じるためにドキュメンタリーや2000年代初期韓国のロマンス作品を全部探して観た」とした。朝起きて(顔も洗わず)そのまま撮影しに行ったこともある。ハン・ジミンも足が不自由なジョゼに慣れるために自宅に車椅子を置いて練習し、自身のもじゃもじゃとしたくせ毛に手を付けずにメーキャップで荒れ肌とほくろ、角質などを作り出したりもした。そのように毎日散歩に、狭い寝床に、向かい合って座った食卓に宿った日常の愛を表わした。

リアルタイムの恋愛談というよりは別れた後の思い出話のように、恋の瞬間を細密画のように心を込めて描き出す。実際、話の流れを変える痛い傷、別れの場面は短く描写して観客が劇中の流れに共感できないという評価もある。ハン・ジミンは「別れてもそれを通じて成長し、変化しているということを語ろうと明確な理由を説明していない感じ」と話した。

ハン・ジミンは「私は男女関係だけでなく、大切な人との別れを恐れて慣れていくことに時間がかかるほうだが、振り返ると悔いのないように本当に最善を尽くして愛した」とした。今年祖母が亡くなってジョゼがさらに思い出したという彼女は、「最近は誰かがそばにいてもさびしい。私をたくさん空けている」とし「夢と目標がいつも『今、現在、ここを生きよう』だ。過去を後悔して執着してきたが、最近は過ぎてしまえば無くなるこの時間の大切さに気付いて今を楽しもうと努力している」と話した。

今年初めに撮影を終えて新型肺炎の中で公開日程をかろうじて決めた。ナム・ジュヒョクは「このような状況だから何と申し上げればいいか分からないが、安全に私たちの映画を楽しんでご覧になった方々には長らく記憶に残るような特別な作品になったら良いだろう」と語った。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기