본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

オーストラリア激怒させた「フェイク写真」…中国外交部は外交より急ぐことがある

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中国外交部の趙立堅報道官

「不快な写真をただちに削除せよ」。

11月30日、オーストラリアのモリソン首相が緊急声明を発表した。表情は固まっていた。声明の中で継続して「フェイク写真」を消せと叫んだ。オーストラリア軍を攻撃する不快なツイートを消せとも話した。だれに要求したのか。中国政府だ。

モリソン首相はなぜ怒ったのか。

声明数時間前にツイッターに上げられたツイートのためだ。だれのツイッターか。中国外交部の趙立堅報道官だ。趙報道官はこの日午前に1枚の写真と文をツイッターに上げた。写真ではオーストラリア国旗とアフガニスタンの国旗が敷かれた床の上にいるオーストラリア軍兵士が笑っている。ヤギを抱いたアフガンの少年に凶器を突き付けている。「怖がるな、君にまもなく平和をあげる」という字幕が写真に付けられた。

趙報道官はツイートで「われわれはオーストラリア軍兵士がアフガンの民間人と囚人を殺害したという事実に衝撃を受けた。このような行為を強く糾弾し、相応の責任を要求する」と書いた。もうわかった。写真が意味するものを。オーストラリア軍兵士がアフガンの少年を殺害したことを主張するイメージだ。

趙報道官のツイート。本当に事実でないことを言ったのではない。11月19日にオーストラリアで衝撃的事実が明らかになった。ニューサウスウェールズ地裁のポール・ブレレトン判事が4年間調査した「ブレレトン報告書」が公開された。報告書にはアフガンに派兵されたオーストラリア特殊部隊SAS隊員が犯した殺人行為に対する内容が盛り込まれた。

オーストラリアのキャンベル国防軍司令官は「アフガンに派兵されたSAS隊員25人が2005年~2016年に23回にわたり39人を不法に殺害したという信頼できる情報が報告書に含まれた」と伝えた。殺害対象は囚人と農夫などで、国際法により保護すべき対象だった。趙報道官のツイートはこれを批判するものだ。

問題はツイートに上げた写真だ。写真はフォトショップで合成されたフェイク写真だというのがオーストラリア政府の主張だ。オーストラリアのABCニュースは「趙立堅のツイッター写真はSAS部隊員がタリバンの同調者と疑われる14歳のアフガン少年2人を殺害したといううわさに言及したとみられる。だがこうした内容は調査報告書では立証されていない」と報道した。

モリソン首相は「これは本当に根拠のないもので、どうであれ正当化できないこと。中国政府は恥を知るべき」と露骨に非難した。その上で「ただちにこの掲示物を削除し謝罪することを中国政府に要求した」と付け加えた。

中国とオーストラリアの関係はぎくしゃくしている。オーストラリアは最近中国から外交・経済的に最も多く叩かれる国だ。新型コロナウイルスの起源と関連し中国を調査すべきと今年初めに主張して中国に目を付けられた。ここに中国を狙った日米豪印4カ国の非公式戦略的同盟にも参加している。これに対し中国はオーストラリア産ワインと石炭、木材などの輸入を禁止し経済報復をしている。

だからといって合成写真を上げてまで他の国を非難できるだろうか。だれより国際関係を敏感に意識する外交官、それも組織を代表する口である外交部報道官がだ。オーストラリアのペニー・ウォン上院議員が「(今回の行為は)責任感があり成熟した国際勢力の行動ではない。扇動だ」と話した理由だ。モリソン首相も「中国とオーストラリアの間に緊張は存在するが、この事案(オーストラリア軍兵士の犯罪)をこのように扱ってはならない」と話した。

趙立堅はなぜそうしたのだろうか。

彼の先週の発言を見ればわかる。趙報道官は「(今回のオーストラリア軍兵士の戦争犯罪は)西側諸国がいつも叫んでいる人権と自由に対する偽善を暴露した」と批判した。新型コロナウイルス流行後に米国は中国の体制を批判し経済制裁をした。香港国家安全法問題などを経ながらオーストラリアと英国なども中国批判の隊列に合流した。習近平主席、いや中国共産党は「執権正当性」を脅かす行動と感じただろう。

これに対し中国は最近愛国主義を強調している。外勢、正確に言えば西側と対抗する中国共産党のイメージを構築し、人民の心をひとつに集めることに注力する。そしてこうした作業の先鋒に立つのが外交官だ。いわゆる「戦狼外交」を通じてだ。「中国外交の最優先が国内執権正当性に注がれている」(ボニー・グレイザーCSIS専任研究員)という評価が出る理由だ。

趙立堅の今回のツイートもやはり愛国主義(?)的行動だ。中国政府はひょっとしてオーストラリアとの関係がさらに冷え込んだといても、政権が安定するならば儲けの残る商売だと考えているのはでないか。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기