본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

許しを受けられなかった眞子さまの愛…婚約発表から3年、秋篠宮さま「降参」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
3年前、同い年の大学同期との結婚を発表し、皇室内外からの反対を受けた眞子さま(29)が、父親である秋篠宮さま(54)から結婚を認められた。

30日、朝日新聞などによると、秋篠宮さまは55歳を迎えて開いた誕生日記念会見で関連質問を受けて「親としてはそれを尊重するべきだと考えています」とし「結婚することを認めるということです」と答えた。

秋篠宮さまは徳仁天皇の実の弟で王位継承第1位だ。秋篠宮さまは「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」としつつ「実際に結婚するという段階になったら、もちろん、今までの経緯とかそういうことも含めてきちんと話すということは、私は大事なことだと思っています」と但し書を付けた。これは婚約者の小室圭さんの母親佳代さんの金銭トラブルなどの問題が今も落ち着いていないためだ。2017年9月、眞子さまが結婚を発表した当時、この結婚に伴う経済効果が1000億円に達するとの分析が出てくるなど世論は祝福一色だった。

だが、夫と死別した佳代さんが交際男性から借りた400万円を返済するように求められているとの報道が出て、雰囲気は一気に冷めた。当時明仁天皇(87)の孫娘をこのような一族と結婚させてはいけないという話も出てきた。

弱り目にたたり目で、圭さんの父親が極端な選択によって亡くなり、佳代さんが新興宗教信者だという報道まで出てきて世論はさらに悪化した。2018年11月に予定された結婚は2020年に延期になり、圭さんは同年8月、米国ロースクールに留学した。その後も眞子さまの心が変わらないため、秋篠宮さまも認めざるを得なくなったと日本メディアは伝えた。13日、眞子さまは「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と明らかにした。

だが「秋篠宮殿下は2人の対応に満足していないと考えられ、この状況が続くと、(眞子さまが)過去に例のないプロセスで皇室を離れることもあり得るのではないか」(宮内庁職員出身ジャーナリスト、山下晋司氏)という展望のように、実際に結婚につながるか懐疑的な意見も少なくない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기