본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

90%効果ワクチン製薬会社を狙った北朝鮮ハッカー

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

中央フォト

北朝鮮のハッカーと推定される勢力が新型コロナウイルス感染症ワクチンを開発中の多国籍製薬会社アストラゼネカに対するハッキングを図ったが失敗したと、ロイター通信が27日(現地時間)報じた。ハッキング攻撃は、アストラゼネカのワクチンが90%の免疫効果があるという第3相臨床試験の中間結果が最近発表された直後にあった。

ハッカーはリンクトインやワッツアップなどオンライン上で採用担当者を装い、アストラゼネカの職員に接近した後、システムに無断で接近するために悪性コードが入った文書を送ったことが把握された。ハッカーは新型コロナ研究担当職員を含む広範囲を対象にしたが、成功しなかったようだと、ロイター通信は伝えた。

これまで北朝鮮が新型コロナワクチンと治療薬のハッキングを狙っているという疑惑があった。これに関連し、マイクロソフト(MS)は北朝鮮とロシアのハッカーが韓国や米国などの新型コロナワクチン研究のハッキングを図ったと疑われる点が見つかったと13日、明らかにした。MSは「カナダ、フランス、インド、韓国、米国内の主な製薬会社とワクチン研究者が標的」とし「目標の大半は新型コロナワクチン臨床試験をしているワクチン製造会社」と説明した。

米国の民主主義防衛財団(FDD)のマシュー・ハ研究員は4日、ラジオ・フリー・アジア(RFA)で、新型コロナ事態で世界的に在宅勤務が増え、北朝鮮ハッカーのサイバー攻撃が増えていると分析した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기