본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

EU、初の「サイバー攻撃」制裁に「朝鮮エキスポ」含める…「ハッキングの背後」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
欧州連合(EU)が30日(現地時間)、2017年の「ワナクライ(WannaCry)」ランサムウェア攻撃などに関与した疑いで、北朝鮮関連機関を初めて制裁対象に含めた。EUは昨年5月、サイバー攻撃に関連して個人と機関を制裁できる決議案を採択したが、北朝鮮企業が含まれたのは今回が初めて。

EUはこの日、ホームページに掲載した決定文で、「サイバー攻撃に関与した中国、ロシア、北朝鮮の3カ国の個人6人と機関3カ所を制裁する」と発表した。

ここには北朝鮮に籍を置く「朝鮮エキスポ(朝鮮輸出合作会社)」が含まれた。EUは「朝鮮エキスポは一連のサイバー攻撃に対する財政的、技術的、物質的支援を提供し、サイバー攻撃の実行を容易にした」と明らかにした。

朝鮮エキスポは北朝鮮のハッカーグループ「Lazarus」「APT38」の背後と見なされている。朝鮮エキスポは2017年の世界的なランサムウェア攻撃の「ワナクライ」事態をはじめ、ソニー・ピクチャーズへのハッキング、ポーランド・バングラデシュ・ベトナムの金融機関へのサイバー攻撃をした。EUの制裁対象になれば旅行禁止および資産凍結の対象となる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기