본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

駐日韓国大使に内定の姜昌一氏「私を大使として派遣するのは韓日関係改善しようとする韓国政府の強い意志」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

姜昌一(カン・チャンイル)韓日議員連盟名誉会長

駐日韓国大使に内定した姜昌一(カン・チャンイル)韓日議員連盟名誉会長が、自身が駐日大使に内定したのは韓国政府の韓日関係を改善するための意志の表れだと明らかにした。

姜名誉会長は駐日大使内定の事実が発表された23日、韓国紙ソウル経済との電話で「私を大使として派遣するのは韓国政府が韓日関係を改善しようとする強い意志ではないかと思う」とし、韓日関係に対し「両国政府に意志があるならば改善できる」と話した。

一方、青瓦台(チョンワデ、韓国大統領府)の姜ミン碩(カン・ミンソク)報道官はこの日午後に人事内容を発表しながら、「姜氏は東京大学で修士・博士学位を受け、学界で長く日本について研究した歴史学者。国会議員を4期務めたキャリアのある政治家で、議員活動期間に韓日議員連盟幹事長と会長を歴任した日本通」と評価した。

その上で「対日専門性と経験、長期にわたって積み重ねてきた高官級ネットワークを基に冷え込んだ韓日関係のこじれを解きほぐし、未来志向的両国関係に進む契機を用意するものと期待する」と明らかにした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기