본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

AIカンニングで韓国最上級の棋士破る…13歳の天才囲碁少女の反転

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

囲碁

韓国囲碁界で10代前半の最年少プロ棋士で「天才囲碁少女」と呼ばれているキムさん(13)。キムさんは最近、オンライン囲碁大会で韓国最上級棋士を破ったが、人工知能(AI)の助けを借りて対局を行ったのではないかとの疑惑が提起されて囲碁界がざわついている。特にキムさんは財団法人韓国棋院が不正行為を把握しても懲戒を先送りしている間、別の大会に参加して公正性問題が拡散している。

19日、囲碁界によると、キムさんの「AIカンニング疑惑」が表沙汰になったのは9月29日午後11時ごろ行われたオンライン囲碁大会「ORO国手戦」だ。当時キムさんは24強で国内ランキング7位の李9段に対し、129手で黒不計勝(中押し勝、計算する必要がないほど地合いの差が大きい勝利)を収めた。だが、囲碁同好人が試合結果を分析した結果、キムさんが打った手がAIプログラムが推薦した数と92%程度一致するとして疑惑を提起した。

カンニング論争が広がると、韓国棋院は国家代表コーチ陣を通じてキム氏と面談し、国内外のAI会社に対局棋譜の分析を依頼した。11月第一週に行われた1次調査ではAIカンニング疑惑を一部認めたキムさんの供述を確保した。ただし、正確な調査のために「真相調査委員会」を設けて追加調査に入った。韓国棋院は2次調査結果に基づき、20日に懲戒結果を発表する。

◆「韓国棋院の後手処理で失望と挫折」

韓国棋院は当事者の供述を確保しても懲戒措置を取らなかったという「後手対応」論争になった。しかもキムさんが韓国棋院の真相調査が進められている中で、今月13日「2020クラウンヘテ杯予選戦」と14日・15日「中国女子乙級リーグ」にすべて参加したためだ。パク・ジヨン5段は13日、自身のフェイスブックに「9月29日オンライン試合で発生した某棋士に対して国家代表チームは韓国棋院に早急に処理するよう要請したと承知している」としながら「現在、韓国棋院はいかなる措置も取っておらず、該当棋士はカンニングを認めた後も国内大会に参加している」と記した。パク5段は「該当棋士は大会スポンサーおよび囲碁ファンはもちろん、囲碁界全般に物議をかもした」とし「韓国棋院の迅速ではない事件処理はすべての人々を失望・挫折させている」と批判した。

だが、韓国棋院は手続きに従ったにすぎないとの立場だ。韓国棋院関係者は「規定上、懲戒委員会を開くには当事者に通知した後、説明の機会を与えなければならない」とし「最初は心証しかなかった状態だったので人工知能を分析するのに時間がかかった」と明らかにした。当事者が容疑を認めているのに懲戒措置を下さなかったとの指摘に対しては「内部規定手続きを遵守しなければ問題を提起しかねず時間がかかった」と答えた。

◆キムさん、プロ棋士の集まるSNSに謝罪文掲載

韓国棋院の懲戒決定を控えてオンラインコミュニティではキムさんの謝罪文が飛び交った。謝罪文でキムさんは「強い勝負心に駆られて瞬間的に誤った選択をした」とし「大きな物議をかもし、プロ棋士の先輩や囲碁ファンの方々に本当に申し訳ないと思う」と記した。囲碁関係者は「該当の謝罪文はキムさんが18日にプロ棋士が集まった閉鎖型SNSに掲載した文」としながら「内容が外部に流出したようだ」と伝えた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기