본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WTO事務局長選挙、兪明希氏は辞退せず逆転狙う見通し

ⓒ 中央日報日本語版

韓国の兪明希氏

世界貿易機関(WTO)事務局長選挙の最終第3ラウンドで劣勢を強いられている韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)氏が、米国通商代表部(USTR)の声明を受けて、候補からは辞退せずにコンセンサス形成過程で逆転を狙うものとみられる。

29日、USTRは声明を通じて、次期WTO事務局長選で兪氏を支持すると明らかにした。代表部はこの声明で「兪氏は過去25年間、成功的な貿易交渉家と貿易政策立案者として頭角を現わした真の貿易専門家」とし「現場で直接働いた実際の経験がある誰かが(WTOを)導くべきだ」と強調した。

韓国政府は兪氏が最終ラウンドの選好調査で劣勢を強いられているが、米国通商代表部の声明を足掛かりにコンセンサス形成過程で逆転する可能性があるとみている。ある政府高位関係者は韓国のヘラルドニュースに対して「米国がWTO発表以降に兪氏に対する支持を公式に明らかにしたことから、他の国にも相当な影響があると判断している」とし「先立って相手候補を支持した国家の投票者の心を取り戻すことができれば、逆転の可能性も一定程度ある」と話した。

中国と欧州連合(EU)がオコンジョイウェアラ氏を支持しているが、一国でも最後まで反対すれば最終選出につながらないWTO事務局長選出方式と、米国の影響力を考慮すれば逆転も可能だとみられる。ただ、中国・EUともに支持候補を簡単には変えないことが伝えられていて、今後日程が先送りになる可能性もある。


関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기