본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国のWTO事務局長候補「日本、重要なWTO加盟国…引き続き支持を求めるだろう」

ⓒ 中央日報日本語版

兪明希産業通商資源部通商交渉本部長

兪明希(ユ・ミョンヒ)韓国産業通商資源部通商交渉本部長は6日、世界貿易機関(WTO)事務局長選に関連して日本が非友好的な立場を見せたことについて「両国の過去の連携を踏まえて引き続き支持を求めるつもり」と明らかにした。

兪本部長はこの日、政府世宗(セジョン)庁舎で記者会見を開いて「日本はとても重要なWTO加盟国の中の一つで、WTOを率いて改革する適任者が私という点を強調していく」と述べた。

兪本部長は先月13~22日、スイス・ジュネーブでWTO加盟国120各国に直接交渉活動を展開する間、駐ジュネーブ日本大使とも接触してWTOに関する考えとビジョンを共有したと明らかにした。

同時に「多国間貿易体制が強固に働くのが貿易を通じて経済成長を成し遂げてきた日本にとっても役に立つこと」とし「日本もWTOの改革が可能な候補者なのかを大事に思うと対外的に明らかにしたことがある」と強調した。

WTOは翌月6日まで選挙運動期間を経て翌月7日から最大2カ月間加盟国間協議の手続きを進める。

協議の手続きは計3ラウンドで構成され、加盟国が各ラウンドごとに支持する候補を明らかにし、これを踏まえて候補の一部を除いていく方式で進められる。

第1ラウンドでは8人中3人を脱落させ、第2ラウンドでは5人中3人を落とすことになる。第3ラウンドでは候補2人の中で最終1人をコンセンサス(意見一致)方式を通じて事務局長に任命する

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기