본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

WTO事務局長選好度投票に負けた韓国候補「忍耐戦略」…トランプ再選が変数(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国産業通商資源部通商交渉本部長の兪明希(ユ・ミョンヒ)氏

韓国産業通商資源部通商交渉本部長の兪明希(ユ・ミョンヒ)氏が世界貿易機関(WTO)新任事務局長選出のための最終第3ラウンド選好度投票で、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏に負けた。WTO事務局長選出は選好度調査の結果に基づいて各加盟国の最終同意を確認する「コンセンサス(Consensus)」過程を経るため、まだ最終結論が出たわけではない。だが、予想よりも票差が大きいことが分かり、ナイジェリア候補側に状況が傾いたという分析もある。ただし、兪氏は辞退せずにコンセンサスを得る過程で終盤の逆転を狙うものとみられる。

◆アフリカ・欧州・中国の支持で先行

産業部によると、デービッド・ウォーカーWTO一般理事会議長は28日午後3時(現地時間)、ジュネーブで招集されたWTO加盟国大使級会議で「ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ候補が事務局長選出のための最終ラウンドでより多くの票を得た」と発表した。

産業部は兪氏が164カ国の加盟国のうち、正確に何カ国の支持を受けたかは明らかにしなかった。ただ、BBC放送はオコンジョイウェアラ氏がアフリカ連合(AU)41カ国、欧州連合(EU)27カ国を含む半数(83カ国)をはるかに越える104カ国の支持を受けたと報じた。BBCは兪氏は60カ国の支持を得たと明らかにした。

選好度調査で、ナイジェリア候補が有利だという予想は多かった。オコンジョイウェアラ氏はWTOで最も多くの加盟国を持つアフリカの支持を受けている。ここに欧州27カ国と日本も支持の意思を表明した。公式的な立場を明らかにしてはいないが、中国もナイジェリア候補側だ。まず、韓国よりアフリカ候補に影響力を行使するほうが有利だ。WTO事務次長を狙う中国の立場としては、同じアジア候補よりアフリカ候補が事務局長になるほうが地域配分上、良い側面もある。25年間世界銀行での経験があるオコンジョイウェアラ氏の高い国際認知度も支持を引き出すうえで一役買った。兪氏はこれまで通商分野1本でやってきた専門性と政府の外交力を基に支持を訴えたが、力不足だった。
WTO事務局長選好度投票に負けた韓国候補「忍耐戦略」…トランプ再選が変数(2)

関連記事

この記事を読んで…

政治 記事

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기