본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

水害復旧現場を連日訪問の金正恩委員長「手抜き工事するな」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が2日連続で咸鏡南道(ハムギョンナムド)水害復旧現場を訪れ、現地指導した。北朝鮮メディアは14日、金委員長の咸南キムドク地区訪問を伝えたが、15日には新浦(シンポ)と洪原(ホンウォン)地区を訪問したと報じた。

この地域は先月、相次いで韓半島(朝鮮半島)に被害をもたらした台風が通過し、大規模な水害が発生したところだ。金委員長は10日0時から平壌(ピョンヤン)の金日成(キム・イルソン)広場で開かれた党創建75周年閲兵式(軍事パレード)に出席した後、この地域に移動したとみられる。特に金委員長が訪問した新浦地域には北朝鮮の潜水艦建造施設がある。したがって非公開で潜水艦関連施設を視察したという見方もある。

金委員長は鉛と亜鉛の産地の剣徳(コムドク)を訪問して住宅2万5000戸の建設を促し、新浦と洪原地区では「手抜き工事には厳しく対処する」と警告した。

北朝鮮は平壌から大規模な人員をここに派遣して被害復旧「速度戦」を進めているが、欠陥工事のため2015年に平壌で発生したアパート崩壊のような事故が再発しないよう懸念を表したのだ。

金委員長は2012年4月の執権後初めての公開演説で「人民が二度と生活に困らないようにする」と約束し、昨年は自力更生を通じた正面突破戦で党創建75周年を迎えようと主張した。しかし国際社会の北朝鮮制裁と新型コロナ感染拡大、自然災害などで支障が生じた。

金委員長が閲兵式の演説で「面目ない」「申し訳ない」という言葉を繰り返した背景でもある。政府当局者は「北は各種記念日に大規模な建設工事を完工して祝う姿を見せてきた」とし「今年も平壌総合病院を建設しているが、まだ完工したという話は聞いていない」と伝えた。金委員長は3月、平壌総合病院着工式に出席し、党創建記念日までに完工するよう注文した。骨組みおよび外装工事はほぼ終わったと把握されているが、内部の工事が残り、医療機器がまだ整っていないとみられる。

これに先立ち金委員長は昨年、金日成主席の誕生日(4月15日、北朝鮮では太陽節)までに元山葛麻(ウォンサン・カルマ)海洋地区観光地を造成するよう指示したが、北朝鮮は竣工式ができなかった。これも国際社会の北朝鮮制裁による物品搬入と観光客の減少による影響と解釈される。

チョン・ヨンソン建国大統一人文学研究教授は「金委員長が現地指導をしたところには各種原材料が集中的に支援される」とし「来年の党大会を控えて本人が自ら活動する姿を見せ、住民に目を向け、また奮発すべきというメッセージを伝えるという意味がある」と説明した。

一方、今月2日に2カ月ぶりに姿を見せた金与正(キム・ヨジョン)党第1副部長が今回の金委員長の現地指導に同行したという報道はなかった。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기