본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

中国がBTSまた非難するのに、韓国与党議員「中国の自負心刺激してはならない」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

今月7日、米国の韓米親善非営利財団「コリアソサエティー」がオンラインで行われた「ヴァン・フリート賞」授賞式で韓国ボーイズグループのBTS(防弾少年団)が受賞の感想を伝えている。[写真 コリアソサエティーオンラインガラ生中継キャプチャー]

中国のネットユーザーが韓国戦争(朝鮮戦争)で韓米が払った犠牲を称えたBTS(防弾少年団)を攻撃する中で米国務省が公開的にBTSに謝意を示した。

米国務省のオルタガス報道官は14日、ツイッターに「肯定的な韓米関係を支持するためのBTSの労苦に感謝する。BTSはバン・フリート賞を受賞する資格が十分で、音楽は世界をひとつにする」と書き込んだ。

BTSは韓米同盟発展に寄与した功労を認められてバン・フリート賞受賞者に選ばれ、リーダーのRMが7日に開かれた授賞式で受賞所感として「今年の行事は韓国戦争70周年を迎えて意味が格別だ。私たちは両国がともに体験した苦難の歴史と数多くの男女の犠牲を永遠に記憶するだろう」と明らかにした。

これに対し中国のネットユーザーは「国の尊厳に関連した事項」としながらBTSを猛非難した。これによりサムスンがBTS限定版商品の販売を中止し関連広告を下げるなど企業にまで火の粉が降りかかった。

こうした状況でオルタガス報道官が授賞式から1週間過ぎたこの日BTSに感謝のツイートを上げたのはBTSを事実上援護しようとする性格が濃厚とみられる。実際に中国のネットユーザーの度を超えた行動は米国の全方向圧迫に対抗して中国が大衆に民族主義と愛国主義を鼓吹させているのと無関係ではないためだ。また、12日に中国外交部の趙立堅報道官が今回の事態に対し「歴史を鏡として未来に進もう」と述べたことから、米国でも同級の国務省報道官が対抗して「参戦」した側面もある。

在韓米国大使館はオルタガス報道官がツイートを上げてから13分で公式アカウントにこれを韓国語に翻訳して上げた。韓国国民に広く知らしめようとする意図とみられる。

だが韓国与党ではBTSが中国の民族的自負心を刺激したのが原因という声が出てきた。「共に民主党」のシン・ドングン最高委員はこの日党最高委員会で、「大衆に名前が知られた彼らの発言がその国の民族的自負心や歴史的な傷を刺激すれば大きな社会的問題に飛び火したりする」と話した。「こうした場合、市民社会の自浄作用に任せ、政府の役割が必要ならば『静かな外交』を展開するのが常識」としながらだ。

当発言は前日に「国民の力」の金鉉我(キム・ヒョナ)非常対策委員が「政府と与党が中国のBTS非難に沈黙している」と述べたことに反論する過程で出た。だがこれを中国の民族的自負心と結びつけたのは、韓国戦争に中国が敵国として参戦し、これにより多くの韓国人が犠牲になったという点を考慮すれば適切でないと指摘される。さらにBTSは中国には直接言及することもなかった。

中国国営メディアはこれを機会にしたかのように民族主義的感情を刺激する記事を出した。環球時報は14日午前、「BTSの言葉に間違いはなく、私たちは中国ファンが必要ない」という見出しの記事を上げた。韓国メディアが今回の事態を「中国メディアが世論を扇動する」という形で報道したことを受け、韓国のネットユーザーがこうした過激なコメントをしており、多くの「いいね」を得たという内容だ。

このようにこれまで中国が見せた典型的な「力ずく」のスタイルが文化分野にまで拡大される兆しに国際的な懸念が起きている。香港の民主活動家である黄之鋒氏はこの日ツイッターに「BTS問題の裏に懸念される兆候がある。中国で民族主義が鼓吹されると同時に中国と他の国の間で緊張が大きくなっているという点」と上げた。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기