본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BTSの韓国戦争発言に中国外交部も加勢「反応注目している」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

防弾少年団(BTS)

防弾少年団(BTS)が受賞所感で韓国戦争(朝鮮戦争)に言及し中国の一部ネットユーザーから批判を受けている中で、中国外交部が「関連報道と中国ネットユーザーの反応を注目している」と明らかにした。

中国外交部の趙立堅報道官は12日の定例会見で、BTSの韓国戦争関連発言について論評してほしいという質問に、「関連報道に注目している。歴史を鏡にして未来に向かって平和を大事にしながら友好を図ることはわれわれがともに追求すべきで、ともに努力するだけの価値がある」と話した。

この日中国国営メディア環球時報によると、中国ネットユーザーは7日のBTSのバン・フリート賞授賞式での受賞所感を問題にした。バン・フリート賞は毎年韓米関係に貢献した人物または団体に贈られる賞で、BTSは音楽とメッセージで米国をはじめとする全世界にブームを起こし、韓米関係発展に寄与した点を高く評価された。

オンラインで進められた今回の授賞式でBTSのリーダーRMは「今年の行事は韓国戦争70周年を迎えて意味が格別だ。私たちは両国がともに体験した苦難の歴史と数多くの男女の犠牲を永遠に記憶するだろう」と明らかにした。

これに対し一部中国ネットユーザーは「韓国と米国を意味する『両国』という単語の使用は韓国戦争当時の中国軍人の高貴な犠牲を無視したもの」と主張した。

BTSの所感は中国版ツイッターの微博(ウェイボー)のホットイシューにまで上がり議論を呼んでいる。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기