본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

韓国、プロスポーツの観客入場30%まで許容…「11月からは50%に拡大検討」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
韓国政府が社会的距離確保(ソーシャルディスタンス)第1段階に基づきプロスポーツの観客入場を収容人数の30%まで許容するのに続き、防疫マナー順守状況を確認しながら11月中に収容人数の50%まで入場拡大を検討することにした。観客の30%入場の時期は新型コロナウイルスの感染推移と種目別の状況により決める予定だ。

中央事故収拾本部のユン・テホ防疫総括班長は「競技場で防疫マナーの順守を徹底して運営するようにする。前売りを推奨し、電子入場者名簿を通じて入場者を管理し、マスク未着用者と発熱症状のある者は出入りを制限する」と説明した。

座席は指定席制とし、交互に空席を設けるほか、観覧席では飲み物を除いた飲食を禁止し、応援は控えると付け加えた。11月からは観客の入場を競技場の収容人数の50%まで拡大することを検討中だ。

韓国政府は8月16日に社会的距離確保第2段階の施行後、野球、サッカー、ゴルフなど主要プロスポーツの競技を無観客で進めてきた。今月11日に政府が社会的距離確保を第1段階に転換すると、韓国野球委員会(KBO)は13日から、韓国プロサッカー連盟は16日から観客入場を始めると明らかにした。プロバレーボールは韓国バレーボール連盟が当面の推移を見守るとしており、しばらくは無観客で運営される見通しだ。

この日午前0時基準で韓国国内で新たに発生した患者は53人で、そのうち首都圏は46人、非首都圏地域は7人だ。海外流入患者は31人で、14日の総患者数は84人。死亡者は4人追加で発生した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기