본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

BLACKPINK、米ビルボードアーティスト100の1位+ホット100に2曲同時チャート入り

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版

BLACKPINK[写真 YG]

BLACKPINK(ブラックピンク)が米ビルボードアーティスト100チャートの1位になった。また「ホット100」チャートに2曲を同時にのせてK-POPガールズグループ最初の記録を塗り替えている。

13日(現地時間)発表された米ビルボードチャートによると、BLACKPINKは「アーティスト100」のトップになった。「アーティスト100」は音源とレコード販売量、再生回数、ラジオ放送点数、ソーシャルメディア活動などを総合集計するチャートでポップスターの影響力と認知度を見せる指標の中の一つだ。

1stオリジナルアルバム『THE ALBUM』のタイトル曲『Lovesick Girls』は「ホット100」で59位を占めた。ポップスターのセレーナ・ゴメスとのコラボで話題を集めた先に公開した収録曲『Ice Cream』は64位となり、このチャートに6週連続でランクインした。これでBLACKPINKはあるアルバムに含まれた2曲を同時にビルボードのメインシングルチャートに入れた初めてのK-POPガールズグループになった。

YGエンターテインメントによると、BLACKPINKは今まで計7曲を「ホット100」に進入させてK-POPガールズグループ最多の数字を増やした。2018年『DDU-DU DDU-DU』(55位)を通じてビルボード「ホット100」にデビューした。また、英国ポップ歌手デュア・リパとともに歌った『Kiss and Make Up』(93位)、昨年に発表した『Kill This Love』(41位)で影響力を高めた。

特に、BLACKPINKは今年だけで4曲をビルボード「ホット100」にチャート入りさせた。5月レディー・ガガとのコラボ曲『Sour Candy』(33位)を皮切りに先に公開したシングル『How You Like That』(33位)、『Ice Cream』(13位)など毎度K-POPガールズグループ最高のランキングを自己更新してきた。

最新曲『Lovesick Girls』は世界200地域で収集された再生回数と音源販売量(ダウンロード)を土台に最も人気のある曲のランキングを付けた「ビルボードグローバル200」チャートで今週2位、米国を除いた「グローバルチャート」では1位となった。レコード販売量はK-POPガールズグループの歴代級新記録だ。『THE ALBUM』はビルボードのメインアルバムチャート「ビルボード200」の2位にのぼってK-POPガールズグループ最高順位を塗り替え、9日(現地時間)発表された英国オフィシャル・チャートでも2位にのぼって世界2大ポップチャートを行き来する独歩的な歩みを見せた。

BLACKPINKは14日午後1時、ツイッターのブルールームライブでファンたちの応援に応える。BLACKPINKのメンバーはQ&A時間、ジャケット撮影のビハインドなどさまざまなプログラムでグローバルファンたちと有意義な時間を持つ予定だ。午後4時にはネットフリックスで初めてのK-POPドキュメンタリー「BLACKPINK:Light Up the Sky」も公開される。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기