본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「市民が守り切った」…ベルリン市、「少女像」撤去命令を電撃撤回

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

13日(現地時間)、少女像を当面そのままにして置くとベルリン市が発表した報道資料。[写真 ドイツ・ベルリン市]

ドイツ・ベルリン市が市内中心部に設置された「平和の少女像」の撤去命令を電撃撤回した。当初、日本の要求を受けて撤去命令を下したが、市民をはじめとする各界の反発が強くなり、ひとまずそのままにして置くことにした。

市は13日(現地時間)、報道資料を出して「議論になっていた『平和の少女像』は当面そのままにする」としながら「裁判所が(少女像に対する)評価を下すまで市はいかなる追加的決定も下さない」と明らかにした。撤去命令を中断してほしいという仮処分申請が裁判所に提起された点を受け入れて撤去を強行せず、ひとまずそのままにしておくという意味に解釈される。

市は少女像が位置するベルリン・ミッテ区のシュテファン・フォン・ダセル区長の言葉を引用して「日本側の利害関係だけでなく、コリア協議会(Korea Verband)の利害関係も反映する合意を望む」と言及した。韓日両側の話を聞いて合意点を見出すということだ。

ダセル区長はこの日、ミッテ区庁前で撤去命令を撤回してほしいと要求する市民に「裁判所に撤去命令中止仮処分申請が受理されて時間ができた」とし「調和がとれた解決策を話し合おう」ともコメントした。ダセル区長は続いて「何日間、少女像に関する歴史を学ぶことになった」とし「市民の参加が印象深かった」と付け加えた。

少女像は先月28日、ミッテ区の通りに当局の許可を受けて設置された。現地市民団体コリア協議会が日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)の援助を受けて設置したものだった。だが、日本政府が公式に問題を提起して撤去危機に直面することになった。ミッテ区庁は今月7日に撤去命令を電撃的に下し、14日までに自主的に撤去しなければ強制執行に入ると通知した。

現地市民団体と市民は強く抗議した。少女像の設置を主管したコリア協議会は12日、ベルリン行政法院に撤去命令執行停止仮処分申請を提出した。この日、ベルリン市民約300人は集会を開いて、少女像前から撤去命令を下したミッテ区庁前まで30分間余り行進して撤去命令の撤回を要求した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기