본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「日本の厚顔無恥忘れてはならない」…少女像建立推進する韓国の中学生

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

東海平和の少女像建設市民推進委員会共同代表の1人であるチョン・ジュンウさんが少女像建設に向け活動する様子[写真 チョン・ジュンウ]

「日本の厚顔無恥な姿を見て慰安婦問題が絶対忘れられてはならないと考えました」。

日本軍慰安婦被害者の苦痛と犠牲を記憶するための「平和の少女像」を江原道東海市(カンウォンド・トンヘシ)に建立するために活発に活動中の中学生がいる。東海平和の少女像建立市民推進委員会共同代表の1人である墨湖(ムクホ)中学3年生のチョン・ジュンウさん(15)。墨湖中学の生徒会長であるチョンさんは生徒会など20人ほどの生徒と先月22日から最近までバッジを付ける運動など、歴史意識を分かち合う行事をしてきた。5~6日には第34回東海武陵祭りで日本軍慰安婦バッジとキーホルダー、ブレスレットなど448個を売った。収益金136万2000ウォン(約12万6224円)は東海平和の少女像建立推進委に寄付した。

チョンさんは「行事後に周囲の友達から寄付する機会を作ってくれありがたいという言葉をしばしば聞く。この前は道で服にバッジを付けた人に会ったことがあるが胸がいっぱいになった」と話した。チョンさんが平和の少女像建立に関心を持ち始めたのは日本不買運動が激しくなった8月からだ。最初は学校のサークルの友達と校内に小さな平和の少女像を作ることにした。その過程で東海市に平和の少女像建立推進委ができるという事実を知り、推進委に電話をかけ参加したいという意向を伝えた。

◇日本徴用被害者胸像も建立計画

チョンさんは「小さくても役に立ちたくて9月中旬に推進委に連絡し、生徒を代表して共同代表まで務めることになった。少女像が建立される時まで友達と後援活動を継続する計画」と話した。生徒たちが後援活動をできるよう支援してきた墨湖中学のキム・ヨンミ学校文化部長(52)は「慰安婦の厳しい人生とまだ日本が公式的な謝罪をしていない部分を悩んで痛みを分かち合おうという次元から活動することになった。大人も容易に動くことができないのに子どもたちが先に立ち上がりありがたい。今回の活動で生徒と教師がともに成長する契機になった」と話した。

チョンさんを含め3人が共同代表を務める東海平和の少女像建立推進委は日本の誤った歴史観を正し、女性人権運動に対する認識変化のため先月30日に発足した。推進委は12月10日の世界人権の日に少女像を建立することを目標に事業を推進中だ。少女像とともに日本徴用被害者胸像も建立する計画で、現在東海市内の大学路(テハンノ)などでキャンペーンを継続している。

◇これまで2500万ウォンの寄付金

建立場所は泉谷洞(チョンゴクトン)の大学路周辺と墨湖灯台、独島(ドクト)出港地などが議論されている。推進委は18日に作家のキム・ソギョン氏と少女像制作契約を締結した。少女像建立に必要な費用は6000万ウォンほどだ。これまで市民910人が参加し2500万ウォンほどの寄付が募金された。

推進委キム・イルハ常任共同代表は、「東海を日本海に表記するなど歴史歪曲をはばかることなく試みる日本を糾弾し、地域青少年の正しい歴史認識確立に向け独島への道である東海に少女像建立を推進することになった。少女像建立を通じ青少年と成人などすべての市民が疎通する場を作りたい」と話した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기